海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

60日目の孵化開始!?

2017年07月16日 20時54分39秒 | 孵化
まずは、7/13に誕生したヒガシヘルマン・17くう2号&3号の様子。

翌日7/14の朝には甲羅はだいぶ伸びて、腹腔は完全に閉じており、
水分補給と垢落としを兼ねて、軽く温浴を。。。



左:17くう2号  右:17くう3号



温浴で汚れを落としてから、五百円玉写真と甲長測定を。



17くう2号

甲長:39mm




17くう3号

甲長:39mm


一日早く誕生した1号も含めて、体重はそれなりの差でしたが、
甲長は揃って39mmでしたね。。。



その後は早速、単独プラケ生活に。



左:17くう2号  右:16くう3号


大人しそうに見えていた2かめですが、ちょっと時間を置くと、
元気に歩き廻っておりましたっ



・・・が、、、

この日の夕方、のこのんが帰宅した時には・・・



左:17くう2号  右:16くう3号


見事に2かめ揃って、、、

その後は元気にしていますが・・・


甲羅の歪みがほぼ解消という判断で、孵化器から出てもらいましたが、
振り返ってみると、誕生から半日経つか経たないか・・・!?

もう少し、孵化器の中に留まってもらうべきだったかも、、、



そして、本題の・・・


5/18のヘルマン♀くうの1stクラッチの5つのおたまご、
1つは残念ながら無精卵、7/12・13で3孵化仔が誕生して、
残った1つ。

平均孵化期間の56日を過ぎて、60日目の今朝も変化なし・・・

これまでより温度を上げての試み、成長しているかように見えて、
大きな障害を抱えて誕生できないことは、十分に考えられます。


やはり無理なのかと思いつつ、今日お昼前に孵化器を確認すると、





おたまごが割れている!?

しかし、通常の一点から罅が拡がるような割れ方ではなく、、、


時間がかかっての孵化開始、剥がれるように割れたおたまごの殻、
良くない想像が、、、、





時折残った薄皮を押し上げた隙間から僅かに見えるのは、
孵化仔の頭部には違いない??とは思っていますが・・・


自力で無事に出て来てくれることを願って、待つことにします。。。








お知らせ


 は7/23(日)に京都・みやこめっせで
開催される 『BLACK OUT! KYOTO』 に出展いたします。


先月に引き続き、これまで来場したことさえないイベントですが・・・

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルギ♀ちゃご・♂ばる、3周年! | トップ | 17くう4号誕生! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。