ガウスの旅のブログ

学生時代から大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。現在は岬と灯台、歴史的町並み等を巡りながら温泉を楽しんでいます。

都幾の湯温泉「都幾川四季彩館」

2006年07月30日 | 埼玉の温泉巡り
今日関東地方も梅雨明けしそうとのことで、天気も良くなりそうなので、朝早くからドライブに出て、外秩父の山々へと向かった。奥武蔵グリーンラインを走り、白石峠や「県民の森」を歩きながら、蝶の写真を撮った。全部で、3時間以上歩いたので、ちと疲れたけど、雨上がりだったので、そんなに暑くもなく、とても快適なハイキングだった。
 その帰りに、ときがわ町に新しくできた日帰り温泉入浴施設に立ち寄っていくことにした。「都幾川四季彩館」といい、昨日オープンしたばかりとのことだったけど、日曜日なのに、それほどの混雑もしていないようだった。
 古民家風の建物で、こじんまりとしているが、木の香りがとても良く、三波渓谷を望むロケーションもとても良さそうだ。駐車料金が500円かかるが、入浴する人は返金されるシステムになっている。
 受付で、入浴料800円(3時間まで)也を払い、昼食が出来るか聞いたが、食堂の施設はないと言う。しかし、弁当を販売しているので、休憩室で食べられるとのことだった。そこで、うどん弁当(400円)を買って、昼食をすませてから、浴室へと向かった。縁側には足湯が作られていて、庭に向かって何人かが足を浸していたのが印象的だった。
 浴室は、男女別に分かれ、こぢんまりとしていて、内湯と露天風呂があるだけのシンプルな造りだ。木の風呂と石の風呂があり,1週間ごとに男女が入れ替えになるそうだ。

 都幾の湯温泉「都幾川四季彩館」の内湯と露天風呂

 建物としてはいいんだけど、お湯の方は、既存の「都幾の湯温泉スタンド」からローリー輸送し、加水・加熱・循環しているとのこと。しかし、塩素臭もあまりせず、ぬるぬる感も結構あって、さっぱりした湯だったが...。
 建物とロケーションが良いので、外秩父山系や三波渓谷に遊びに来たついでに汗を流すにはいいかも知れない。
 入浴後は、すっきりした気分になって、帰途に着いた。

人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白石峠の蝶

2006年07月30日 | 蝶を撮る
今日は、曇りがちだったけど、晴れてくるとの予報だったので、外秩父連山をドライブしながら、蝶の写真を撮ってこようと早朝自宅を立った。
荒川を越え、飯能を経由して、顔振峠(標高500m)へと上っていったんだけど、霧が出てきて、全く視界がきかなくなってしまった。その後、奥武蔵グリーンラインを走っていったんだけど、曲がりくねった山道なので、慎重にハンドルを回し、傘杉峠、刈場坂峠と過ぎていったものの、天候は回復しない。
 それでも、標高763mの白石峠(埼玉県ときがわ町)まで来たら、少し晴れてきたので、車を駐めて散策することにした。
 首から愛機ニコンD70を下げ、峠から林道沿いに下っていった。まず、ルリシジミに出会ったんだけど、望遠で数カット撮らせてくれただけで、飛んでいってしまった。スジグロシロチョウもいたので、しつこめに追いかけて、なんとか飛翔している時の羽の表側を撮影しようと試みたんだけどなかなかうまくいかない。
 さらに下っていくと、林道脇にサカハチチョウの夏型オスを発見した。この蝶は春型とは紋様が大きく異なり、別種と見間違えるほどだ。しばらくじっとしていてくれたので、いろいろな角度から撮影させてもらった。

 サカハチチョウの夏型オス

 それからもぶらぶらと歩いていたんだけど、天候も回復して、日差しも出てきた。スジグロシロチョウ、サカハチチョウとも再度出会って、撮影しながら下っていたら、道端にホソバセセリがいるではないか!埼玉県内では初見だったので、急いでカメラに収めようと近づいた。これもじっとしていてくれたので、いろいろと撮らせてもらった。

 ホソバセセリ

 その後も、コミスジ、ミドリヒョウモン、イチモンジセセリなどを撮影できたんだけど、40分以上下ってきていて、帰路の登りが大変そうだったので、この辺でUターンすることにした。
 帰路も最前の蝶に出会えるものもいて、シャッターを切りながら、峠まで帰ってきた。1時間ちょっとの散策だったけど、7種類の蝶としか出会えず、ちょっと少なかったのが残念だ。
 その後は、少し戻って丸山林道へ入り、「県民の森」へと向かった。

*今日、白石峠で出会った蝶 <7種>
・スジグロシロチョウ 4頭(撮影)
・コミスジ 1頭(撮影)
・サカハチチョウ 2頭(撮影)
・ミドリヒョウモン 1頭(撮影)
・ルリシジミ 1頭(撮影)
・ホソバセセリ 3頭(撮影)
・イチモンジセセリ 1頭(撮影)


人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋ヶ瀬公園の蝶(2006-4)

2006年07月29日 | 蝶を撮る
今日は、土曜日で半日仕事があり、帰宅して昼食をすませたんだけど、天気が持ちそうだったので、6/10(土)以来、7週間ぶりに秋ヶ瀬公園へ、行ってみることにした。
 ちょっと遅く出発したので、午後3時頃の到着となり、「ピクニックの森」駐車場に車を入れた。晴れてはいるけど、曇りがちの天候で、少し暑い。虫除けのスプレーを手足に散布してから、森の中へと入っていった。
 ヒメジャノメ、イチモンジチョウと出会って、撮影していったんだけど、道端にチャバネセセリがいるのを発見した。しかし、近寄って、数カット撮ったところで逃げられてしまった。ここでは、初見だっただけに残念だ。

 チャバネセセリ

 さらに進んでいくと、ヒメウラナミジャノメがやたらに目に付く、キタテハも多く、コミスジも飛んでいたので、次々とカメラに収めていったものの、キチョウは目撃しただけだった。
 しかし、雨が降った後なので、道がぬかるんで歩きにくく、長靴を履いてこなかったのを後悔した。
 モンシロチョウ、ダイミョウセセリとシャッターを切っていったんだけど、藪蚊に刺されて、痒い!早めに森を出て、グランドの方へと移動した。
 三ツ池方面へ足を向けると、草地にヤマトシジミとツバメシジミがいて追いかけていたら、なんとゴマダラチョウがいるではないか...。急いで近寄って、接写したんだけど、しばらくじっとしていてくれたので、いろいろな角度から撮影できた。

 ゴマダラチョウ

 池の周辺を巡りながら、ずいぶん時間を費やしたので、野球場を横切って、車へと戻ることにした。そうしたら、グランドにモンシロチョウとモンキチョウが飛び交っていて、カメラに収めた。飛翔しているところをねらってみたんだけど、なかなかうまくいかなかった。
 駐車場に戻るとすでに2時間近くを経過していて、ここで切り上げて帰ることにした。
HP「秋ヶ瀬公園の蝶」へ

*今日「秋ヶ瀬公園」で出会った蝶 <13種>
・キチョウ 1頭 (撮影)
・モンキチョウ 4頭 (撮影)
・モンシロチョウ 6頭 (撮影)
・イチモンジチョウ 4頭 (撮影)
・キタテハ 13頭 (撮影)
・コミスジ 3頭 (撮影)
・ゴマダラチョウ 2頭 (撮影)
・ツバメシジミ♂ 1頭 (撮影)
・ヤマトシジミ 6頭 (撮影)
・ヒメウラナミジャノメ 9頭 (撮影)
・ヒメジャノメ 12頭 (撮影)
・ダイミョウセセリ 2頭 (撮影)
・チャバネセセリ 1頭 (撮影)

人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小江戸はつかり温泉

2006年07月23日 | 埼玉の温泉巡り
 今日は曇りがちだったけど、晴れてくるとの予報だったので、朝からドライブに出て、「嵐山 蝶の里公園」まで行った。そこで、3時間くらい散策しながら蝶の写真を撮ったんだけど、オオムラサキ他22種の蝶と出会えて、満足した。
 その後、昼には、東松山のインド料理専門店「マハラジャ」で、本場のカレーを食べ、帰路に国道254号線を戻り、新しくできた「小江戸はつかり温泉」に日帰り入浴していくことにした。
 ここは、スーパー銭湯として営業している蔵の湯の系列店として、2005年11月より着工し、7月13日にオープンしたばっかりだ。源泉名は小江戸川越温泉で、源泉温度37.8℃、pH7.7、のナトリウム-塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)で、湧出量は421L/分と豊富だと聞いていた。
 場所は、富士見川越有料道路の脇にある大きな平屋建てで、すぐわかったのだが、スピードを出していたため、入口を通りすぎ大回りして引き返してくるはめになった。
 田んぼの真ん中に建っているという感じで殺風景だが、周辺には広い駐車場が確保されている。
 車を駐めて、玄関へと向かうと、朱塗りの欄干の小江戸橋があり、竹が植えられていて、和風を演出している。しかし、オープンして10日目の日曜日ということもあって、混み合っているようだ。
 玄関を入ると、下駄箱があるが、コインを投入しなくて良いのがいい。スリッパはないので、靴下のままで入っていくと、自販機があり、土日祝の一般入浴料800円也を投入して、券を購入して受付へ出した。時間制限はないので、何回でも入浴できるとのこと。ただし、朝風呂(8時~9時)、夜風呂(23時~24時)といって、開店と閉店間際の1時間だけ、大人580円で入れるシステムがある。
 浴場は、「ざぶ~んの湯」と「さらさらの湯」とがあり、男女日替わりとのことで、男性は偶数日が「さらさらの湯」、奇数日が「さぶ~んの湯」となっていた。今日は、奇数日なので、私は「さぶ~んの湯」だったが、変な命名だと思って、のれんをくぐった。脱衣場のロッカーもコイン投入無しで利用できるのがいい。
 内湯スペースへと入っていくと、「源泉ぬる湯」(かけ流し・38℃に加温・加水無し・消毒あり)、「源泉適温湯」(かけ流し・40℃に加温・加水無し・消毒あり)、「水風呂」(井戸水かけ流し)、「遠赤外線サウナ」、「漢方薬草サウナ」と各種の施設があるが、加温しているものの内湯に源泉掛け流し浴槽があるのが気に入った。お湯は薄い黄褐色で、肌触りが心地よかったのだが、若干薬品臭がしたのが気になった。
 ドアを開けて、露天風呂スペースへ出ると、結構広くって、各種浴槽がゆったりと収まっている。そこに、「源泉ぬる湯」(かけ流し・38℃に加温・加水無し・消毒あり)、「源泉あつ湯」(かけ流し・41℃に加温・加水無し・消毒あり)、「滝見風呂」、「つぼ湯」、「電気つぼ湯」、「ねころび湯」、「足湯」があるのだが、びっくりしたのは、5分に1回大樽がひっくり返って、水が滝となって流れ落ちる仕掛けがあることだ。これが、「ざぶ~んの湯」の名前になっていたのだが...。

 小江戸はつかり温泉の露天風呂

 ここにある「源泉ぬる湯」がとても心地よくって気に入った。お湯は、透明感のある薄黄褐色で、肌触りも良く、とてもくつろげるので、隣の浴客と話しながら、ついつい長湯をしてしまった。いろいろな浴槽が、あるのではしごしていると結構面白いと思う。 
 もう一つの「さらさらの湯」の方は、小川ような流れがあり、なかなか雰囲気が良いとのことだ。
 別料金(500円)で入れる「快汗房(岩陶温熱)」もあり、食事の出来る「喜膳房」、アカスリ&エステ「素肌館」、整体ルーム「丸井健康室」、ヘアサロン「ウィナー」なども館内に併設されているので、いろいろと利用しながら、1日を過ごすのも良いかも知れない。
 じっくりと湯に浸かった後は、荒川を渡って、帰途に着いた。

人気blogランキングへ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「見沼自然の家」付近の蝶(2006-6)

2006年07月01日 | 蝶を撮る
今日の天気は曇りだけど、土曜日の半日仕事を終え、昼食後、蝶の撮影に出かけようと考えた。
 まず、6/17(土)以来2週間ぶり、今期6回目となる「見沼自然の家」へと向かうことにした。今回は、自家用車で見沼代用水東縁を走っていって、いつもの駐車場に車を入れた。
 しかし、天気は悪く、今にも雨が降り出しそうだ。それでも、カメラを携えて散策を始めたが、ベニシジミが数頭飛んでいたので、カメラに収めた。例のように畑地にはモンシロチョウが舞っているが、天気が悪いせいか数が少ない。畦道を歩きながら、何度かシャッターを切りつつ、草地の方へと入っていった。
 この時期になると草木の成長が早く、道を覆い隠しているが、長靴を履いてきたので、なんとか歩ける。そんな草むらの中にキタテハがいて、カメラに収まってくれた。
 さらに歩いていくと、シジミチョウが飛んでいたのだが、とまったところを観察してみるとツバメシジミだった。しばらくじっとしていてくれたので、何回かシャッターを切らせてもらった。
 続いて、草むらの中にヒメジャノメが潜んでいて、これもカメラに収めた。次にヤマトシジミが数頭舞っていたので、追いかけて、接写したんだけど、この頃から少し雨が落ちてきた。
 これは切り上げた方がいいかなと思っていたら、ナミアゲハが勢いよく飛んできたので、思わず追いかけていってしまった。全く、アゲハチョウとの追いかけっこは移動距離が長いので疲れるのだ。それでも、しばらくとどまっていてくれたので、なんとかカメラに捉えることが出来て、ホッとした。
 そうこうしている内に、雨が降り出してきたので、早めに車に戻ることにしたが、せっかく出向いてきたのに1時間弱で切り上げるのはちとおしい気がした。そこで、もう少し見沼たんぼを走りながら、雨が止んだら蝶を撮るつもりで、見沼代用水東縁を北上していった。

*今日、「見沼自然の家」で出会った蝶 <7種>
・ナミアゲハ 2頭(撮影)
・モンシロチョウ 12頭(撮影)
・キタテハ 4頭(撮影)
・ツバメシジミ 2頭(撮影)
・ベニシジミ 16頭(撮影)
・ヤマトシジミ 8頭(撮影)
・ヒメジャノメ 1頭(撮影)

人気blogランキングへ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加