言葉のお遊び 〜「あす閉店」〜

 今日はさすがに書くことがない。
 来る日も来る日も駄々文を書いているけれど、さすがに何も書くことがない、何を書いたら良いやら、話題が全く、完全に、実に見事に思い浮かばない日もある。今日がそんな日。だったのですが、オケの練習から帰ってきて遅い夕食の後に眺めていた神奈川新聞に「スカ名物また一つ・・・」と云う記事が目につきました。有難い、実に有難い、親愛なる神奈川新聞なのであります。


 「スカ名物また一つ・・・」。ご存知の方がどれ程いるかは判りませぬが「スカ」は「スカジャン」の「スカ」、つまり横須賀のことです。

 記事の中身は、X JAPANのギタリスト、hideがデビュー前に通ったと云う京急線横須賀中央駅前のレコード店「ヤジマレコード本店」が、「31日に閉店」する、と云うものです。記事の内容はこの際どうでも良いのですが、今日の言葉のお遊びでは何がそのまな板に乗るのかお気づきになられたかたはおられるでしょうか。

 はい、「あす閉店」、「31日に閉店」が今日のお題です。

 記事のサブタイトルには「あす閉店」、メインタイトルの脇の要約には「31日に閉店する」とあります。さて、31日にお店は開いているのでしょうか、閉まっているのでしょうか。あす=31日を前提に考えてみたいと思います。

 「あす開店」なら、31日に店は開いていますね。疑う余地がありません。では、
 「あす閉店」は? はい、31日は閉店です。「あす閉店」は「あすは閉店いたします」の省略形ですので31日には店は開いておりません。

 でも「31日閉店する」となると、つまり「に」の一文字が入ると、31日の営業が終わったら閉店すると読めるようになる訳です。店頭には「7月31日をもって閉店」の張り紙が出ているようですので、31日が最終営業日であることは間違いありません。でも、神奈川新聞の記事のように「に」ではとっさの判断に迷うし「あす閉店」ではどう考えても31日に店は閉まっていることになってしまいます。

 できるだけ簡潔に、文字数少なく表現したい新聞ですが、「あす閉店」「31日閉店」と「で」の文字を一つ入れれば読み違えることは無くなりますね。本文を読めば判る訳ですが、さすがに「あす閉店」では読み違える人も少なからずいたのではないかと思う郷秋<Gauche>でありますぞ。

  「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 7月10日に撮影した写真を4点掲載いたしております。梅雨の晴れ間(もしくは梅雨明け直後)の森の様子をどうぞご覧ください。
 ここしばらく撮影と掲載ができませんでしたが、明日は久しぶりに撮影に行けそうです。一日遅れでの掲載もできそうですのでどうぞお楽しみに。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 弦を交換して... 七月尽 〜茗荷〜 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。