日本三代まんじゅう


 肝心な饅頭は全部食べてしまいました(^^;
 東京の「志ほせ饅頭」、岡山の「大手まんじゅう」そして郡山の「柏屋の薄皮饅頭」が日本の三大饅頭なのだそうです。他の二つは良くわかりませんが、柏屋の薄皮饅頭は確かに(東日本では)郡山銘菓として有名ですね。郡山と云えば三万石の「ままどおる」もかなり有名でファンも多いようですが、郷秋<Gauche>的には「エキソンパイ」がおすすめ。お茶、紅茶、コーヒーだけではなくウイスキーにも合います。

 薄皮饅頭に話しを戻します。この饅頭の食べ方ですがね、もちろんそのままでももちろん美味しいし焼いて食べても美味しいしのですが、福島的究極の食べ方は「天ぷら」、つまり薄皮饅頭の天ぷらなんです。薄皮饅頭に衣をつけて天ぷらにしたものですが、これが福島のソウルフードなんですね。天ぷらにされた時点で、お菓子から「おかず」に変身。醤油を垂らしてご飯のおかず、はたまた日本酒のアテにもなると云う優れものです。

 なんですがね、家人に云わせると柏屋の薄皮饅頭よりも私の父の実家、矢祭町東館の「那須屋旅館」の隣の菓子店(なんていいましたかね)の饅頭の方が美味しいのだそうです。いまストリートビューで見てみたら「作蔵菓子店」って書いてあったけれど、こんな名前だったかしらん。

 ちなみに薄皮饅頭の柏屋の社長は本名さんと云います。クラシックファンならご存知の指揮者、本名徹次さんのご実家が薄皮饅頭の柏屋なんです。

 毎週撮影・掲載している「恩田の森Now」には、ただいまは3月18日に撮影した写真を5点掲載いたしております。まごうことのない春がやって来た、そんな森の様子をどうぞご覧ください。
「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori

 諸般の事情により二週続けて撮影・掲載ができませんでした。今週末の掲載にどうぞご期待ください。と、自分にプレッシャーをかけてみる(^^;

To the author of this page:gauche(at sign)gaucheadgc(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« MRJ試験3号機... 福島はまだ早春 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。