外車だけれど輸入車じゃないアバルト124スパイダー

画像はwebCG http://www.webcg.net/articles/gallery/34715 より

 ご存知の通り、すでに名車の仲間入りを果たしているマツダ・ロードスターをベースにFIATがよりスポーティーにと手を入れて、アバルトの名を冠して送り出したのが124スパイダー。基本的にはマツダ・ロードスターなのに、見た目も走りもお値段も良い(らしい)アバルト124スパイダーですが、このクルマ、実は外車ではあっても輸入車ではないのです。実は広島のマツダの工場産。

 「外車」って書いているけれど、郷秋<Gauche>はこの言葉が大嫌い。理由は単に語感が悪いから。元々は、国産車に対する「外国車」だったんだろうね。「外国人」が「外人」になったように。「外国車」「外国人」と云えばその事実関係が良く理解できるのに、真ん中の「国」の文字を省略して「外車」「外人」になった途端に偏見とか差別とか、優越感とか劣等感と云ったネガティブな要素が入り込んで来るような気がする。

 だから郷秋<Gauche>は、国産車以外のクルマのことを「輸入車」と呼んでいるのですが、アバルト124スパイダーは外国車ではあっても輸入車ではないと云う、いささか複雑と云うのかなんと云うのか、出自が解りにくいクルマなのであります。でも、どうも、どうやらマツダ・ロードスターよりも良いともっぱら評判ですね。実は郷秋<Gauche>も興味津々の一台なのであります。
 
 毎週撮影・掲載している「恩田の森Now」に、ただいまは1月21日に撮影した写真を5点掲載いたしております。厳冬期の森の様子をどうぞごらんください。
「恩田の森Now」 http/:blog.goo.ne.jp/ondanomori

Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ホンダジェッ... 厳冬期 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。