福島はまだ早春


 カレンダーの進み具合に合わせて季節を判断するのもなんだか冴えない話し。カレンダーに書かれた数字や温度計が指す数字だけでは判断できない季節感があるのです。その場に立って、辺りを見回し五感をフル稼働させて感じる季節。これこそがまさにその場にある季節。

 久しぶりに帰った故郷は、四月に入ったと云うのにまだ早春の趣きでした。暦の上では清明だと云うのに、土手青むどころかむしろ寒々とした眺め。それでも一か月後の田植えに向けてあちらこちらでトラクターが唸りをあげておりました。

 福島はまだ早春。都会から持ってきた淀んだ空気を思い切り吐き出し、故郷の早春の空気を胸いっぱいに吸い込む。この一息で文字通り生き返る私の身体。私の心。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日本三代まん... 「考える人」終刊 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。