Nikon D820の発表は7月25日

 しばらく前から7月下旬にNikon D810の後継機、D820(もしくはD850 or D900)が発表されると噂されておりますが、その日は7月25日(火曜日)だと郷秋<Gauche>は予想しております。根拠は実に明確で、7月25日がニコンの創業記念日だから。そしてD810の後継機は創業記念日に発表するに相応しいカメラだからです。

http://www.nikon.co.jp/100th/history 
1917(大正6)年7月25日、当時の東京市小石川区原町120番地(現 文京区白山四丁目)に、測距儀、顕微鏡などの光学機器の国産化を目指し、日本光学工業株式会社が誕生した。ニコンの一世紀にわたる足跡の第一歩である。

この時代の日本にとって、より高度な光学機器の国産化は急務であった。その実現を託されたのが、三菱の創業者である岩崎彌太郎の甥であり、当時の三菱合資会社社長、岩崎小彌太(こやた)である。

そして、東京計器製作所の光学計器部門、岩城硝子製造所の反射鏡部門、藤井レンズ製造所を統合した新しい光学会社設立が計画された。これにより、日本光学工業株式会社、今のニコンが誕生することになる。(上記サイトより)

 創業100周年のニコンです。19世紀まで遡るツァイスにはかないませんがC社が1937年、S社が1946年の創業と知れば、その歴史はいっそう輝いて見えますね。ちょっと辛い時期に100周年を迎えてしまいましたが、これもめぐり合わせです。良しとしましょう。

 と云う訳でD810の後継機は、Nikonが次の100年に歩みだす2017年7月25日(火曜日)に発表されます(^^)


 例によって記事本文とは何の関係もない今日の一枚は、太陽に向かって伸び、太陽に向かって咲く夏の花、木槿(むくげ)。

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 7月10日に撮影した写真を4点掲載いたしております。梅雨の晴れ間(もしくは梅雨明け直後)の森の様子をどうぞご覧ください。
 なお、今週末の撮影と掲載は都合によりお休みとさせていただきます。

To the author of this page: gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヨドバシカメ... インゲン第4弾 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。