リトルニコン、Nikon EM

 名機Nikon F3と同じ1980年に登場した(北米では1979年発売)小さなニコン、リトルニコンと呼ばれたのがEMです。それまでの一眼レフはと云えば、大きくてゴツくて重たくて、おおよそ女性が持つには相応しからぬモノでしたが、女性でも気軽に持ち歩く事のできる軽量コンパクト、簡単操作、そしてその何より愛らしい姿(F3同様、ジウジアーロによるデザイン)のEMはそれまでの一眼レフのイメージをがらりと変えてしまいました。事実、女性やそれまで一眼レフには縁のなかった方に大いに受け入れられ、一眼レフユーザーのすそ野を広げたのでした。


 一番手前にあるのは義父の形見となったEMで、EMに合わせて開発されたEシリーズ(機能的にはAi-Sタイプでカニ爪は付いていません)ではなくちゃんとしたNikkorレンズ、43-86mmが付いています。機械音痴が義父がどうしてこんな組み合わせのカメラを買ったのかは謎です。小さなボディには43-86はやや荷が重い感じで、EMにはやはりパンケーキタイプのレンズが一番似合いますね。

 このEMにはコンパクトなモータードライブも用意されておりました。毎秒2コマと少々遅いのですがモータードライブを装着しても十分軽量コンパクトで、単4アルカリ電池6本で、36枚撮り50本の撮影可能となかなか実用的でもあります。現代のD3400的存在でしょうか。

 程度の良いものがあるとついつい手が出てしまい、気が付けば5台ものEMが我が家に住みつくことになってしまいました。まぁコンパクトなのでしまっておくにも場所も取らないEMです。そうは云っても、一度に5台使うこともできないし、どうするんですかね、5台のEM(^^;

 「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori に、ただいまは 5月15日に撮影した写真を5点掲載いたしております。田植えの時期も近づいて来た森の様子をどうぞご覧ください。

To the author of this page:gauche(at sign)gaucheadgc(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« カラスノエンドウ これで撮って... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。