iPhone以上DSLR未満(所謂コンデジ)

 一眼レフで撮るほどのことはないけれど、多少はちゃんと撮りたいと思うことは多々あるのですが、今そんな用途のカメラが実は少なくて、DSLR or iPhoneの二者択一になっているのが、今のカメラ市場の現実。小さくてもちゃんとしたカメラが欲しいとなると、本当に選ぶ余地がないんです。これじゃいかんよね。と云う訳でほとんど唯一の選択肢が「1インチ」。

 そして1インチと云えば Nikon 1かSonyのRX100。なんだか中途半端でパッとしない Nikon 1に引き換えRX100はいいね。その五代目、RX100Vが発表されたけれど前評判がすこぶる良い。

 ホントに良い感じがする。実は初代のRX100を、「5万円以内で買える一番いいカメラを教えて」と云われてRX100を、某Yカメラの店頭でポイントいらないからと云えば5万円以内で買えますよと教えてあげたらその日のうちに買ってきた方がおられた。

 良いカメラを教えて頂いたと感謝されましたよ。そう、RX100は初代も名機もだったけれど五代目もホントに良さそう。そう、偉大な初代と共に熟成の五代目となった某VW社のGOLFと同じだ。初代、三代目、五代目が良いのはNikonのFシリーズでも証明済みなんですよね。

 話がちょいと飛びました。「どっこらしょ」と元に。RX100V、何度も書くけれどホントに良さそう。でも、一つだけ難点がある。先にも書いたように初代は5万円で買えたものが五代目になったら、なんと12万円ですよ。初代の倍以上。どんなに良いカメラだとしても、これはないよね。12万円あったら、小はiPhoneで我慢するとして、中クラスのDSLRを買うのが常識的かつ実質的な間違いのない選択肢だ。


 と云う訳で今日の一枚は、1インチではないけれど郷秋<Gauche>の元で唯一現役のiPhone以上DSLR以下のコンパクトタイプデジタルカメラ、某キヤノン社のS110。Nikonファンの郷秋<Gauche>としては唯一のC社製カメラけれど、今となっては後継機種もなく、1、2年後にはお払い箱になる運命?

 毎週撮影・掲載している「恩田の森Now」に、ただいまは10月11日に撮影した写真を5点掲載いたしております。稲刈りが済んだ森の様子をどうぞご覧いください。
 
blog「恩田の森Now」 http://blog.goo.ne.jp/ondanomori 

★Find me on Facebook. Type "ihsoyik ijnug" adversely.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 昔の仕事 My favorites. »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。