ガチャピンのHAPPY LIFE 2

日常生活で感じたままに綴っています。

宝塚宙組千秋楽ライブ中継

2016-10-16 23:57:25 | 舞台、映画観賞
今日は名古屋四季劇場柿落とし公演の
「リトルマーメイド」初日でしたね。
開幕、おめでとうございます!
私が新しい劇場に行くのは、
今のところ、来年の予定です…

さて、今日はTOHOシネマズ 名古屋ベイシティへ
宝塚宙組の東京宝塚劇場公演、
「エリザベート 愛と死の輪舞(ロンド)」の
千秋楽ライブ中継を観に行ってきました。
先日、たまたま、スカパーの宝塚チャンネル、
無料で見られる時間だったらしく…
そこで、この千秋楽ライブ中継を知りまして…
「エリザベート」を朝夏まなとさんが
公演中なのは知っていましたが…
宝塚はチケットが取りにくく、
ほぼ諦めてますので…えっ、地元でライブ中継?
ということで、即申し込みましたよ~(*^^*)

ライブ中継なるもの初体験です。
今日は2つのスクリーンが充てられていました。
全て満席!さすが宝塚!
劇場で観るよりも、アップで表情が
観られるので臨場感がありますね~。
「エリザベート」のストーリーは
前の職場に東宝エリザベートのファンがいて…
なんとなく知ってはいましたが…
ほぼ余分な先入観なしでの観劇。


黄泉の帝王トート(死)を演じるのは
朝夏まなとさんです。
私が初めて朝夏さんを観たのは
「ベルばら」のアンドレ役でした。
あのとき、私のアンドレのイメージに
ピッタリだった朝夏さんに一目惚れ!?
あれから機会があれば、また朝夏さんを観たい、
と思っていましたが、念願かなって、
宙組トップになった朝夏さんを
観ることができました(^o^)v
“妖艶”な朝夏トートでした。
表情のひとつひとつがいいですね~。
アップで観られるのでなおさら…
娘役トップの実咲凜音さんも
可憐な少女から貫禄ある皇后まで演じ分けられ
とても素晴らしい演技でした。

最後のカーテンコールで思わず拍手したら
私の周りの方も、拍手されていて…
(ひとりじゃなくて良かった)
また、機会があれば朝夏さんの公演、
観に行きたいなぁ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市村さんのファントム! | トップ | 懐かしい歌を聴きながら… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
強い事は・・・ (伊豆の花)
2016-10-17 11:07:33
こんにちわ・・・です

「エリザベート」と言えば、私の知っているのは、只一人で、「ハンガリー帝国エリザベート皇后」なのですが・・・彼女の物語ですか?

私は、本で読みましたよ。
あの時代(王室)の女性としては、不思議のない生涯だと思いつつも、壮絶な体験を繰り返しても、生きる(生き続ける)気力に、打ちのめされるような気持ちになりましたね。
彼女の精神がが強かったどうか分かりませんが、読後感として「強い事は悲しい」と思ったものです。
悲劇の王妃 (ガチャピン)
2016-10-18 23:42:24
伊豆の花さま、こんばんは。
返信が遅くなりすみません。

エリザベート、伊豆の花さまの言われる通り、
ハンガリー帝国のエリザベート皇后です。
マリーアントワネットとならんで
ハプスブルグ家では有名な方ですよね。
彼女の悲劇は自由な心を持つのに
旧態依然としたハプスブルグ家に嫁いでしまった事から始まるのですよね…
彼女の人生は壮絶で、悲劇とみるのか
はたまた、自分を守るため自己愛に生きたのか…
様々な見方ができますね…
ミュージカルでは彼女の生き方がドラマチックに
描かれています。
私は本では読んだことがないので
また、機会があれば読んでみたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。