ガチャピンのHAPPY LIFE 2

日常生活で感じたままに綴っています。

劇団四季「美女と野獣」京都公演

2016-12-28 22:03:52 | 舞台、映画観賞
今回の京都、神戸、大阪駆け足旅の最初の目的は、
劇団四季の「美女と野獣」の京都公演。
クリスマスにはもしかしたら、特別カーテンコールが
あるといいなぁ~と思いつつ、取ったチケット。
めったに、先行販売のチケットは取らないのですが…
たいていはご贔屓さんの動向をみてからの
チケット取りしかしない私…
月曜のキャス変で、あっ、佐野さんいない!
で、目の前が一瞬暗くなりましたが…(/。\)
「美女と野獣」は大好きな作品だし…
何より、京都は紙チケットでQRの様に出品出来ない!
と、いうわけで行ってまいりました、京都劇場。
久しぶりですね~。今日オペラ座以来かなぁ~。


ビーストは田邊さん。
「アイーダ」「コーラスライン」で拝見しています。
ご贔屓さんお二人がビーストを演じてみえますので
そちらを贔屓目に観てしまいます…
やはり、お声とかいろいろ…ファントムでも感じましたが
もう、これは、好みの問題ですね…
ベルの平田さん。鳥原さんや苫ちゃんのベルが好きなので…
タンス夫人は、河村彩さん。
オペラ座のカルロッタでも一番好きなのは河村さん。
なのでタンス夫人の場面は思わず身を乗り出して…
お席も二階だったので、作品全体を楽しんで来ました。
“ビーアワゲスト”や“人間に戻りたい”など、
エンターテイメントを感じる場面、アンサンブルさんの表情にも
しっかり注目して…

クリスマスの日だったせいか、
ご家族連れも多かったのですが…泣き声が何度か響き、
残念でしたね…
あと、すぐそばの男性が劇中に拍手を手を挙げてしたり
暗くなっても話していたりと…ちょっと閉口しました。
手を挙げての拍手はカーテンコールでお願いしたいですね。

実は、もう一枚だけ、紙チケットがあります。
来年ですが…大好きな作品ですが、
ご贔屓さんが出ていて下さったらもっと楽しいのに…
と、願いながら劇場を後にしました。
これが劇団四季さんの年内観劇納めです。
そして、その紙チケットが観劇始めになる予定です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマスマ最終回 | トップ | アフタヌーンティー三昧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台、映画観賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。