TOMMYのがたろ

徒然なるがままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月からの1か月

2016-12-07 20:25:31 | 日記
11月初めに書いて以来、ご無沙汰している間に世間ではいろいろの出来事が

発生して世間は大騒ぎ。テレビでは「評論家」が朝から夜まで掛け持ち掛け持ちで大忙し。

「風が吹けば桶屋が儲かる」のことわざに似て「事件が起これば評論家が儲かる」ということか?

さてさて、自分自身はパソコンの調子がいまだに悪く、パーツを部分的に更新してきたが、

マウスも調子が悪くなり、他の手持ちのマウスに変えても同じ。結局PC本体が悪いのだと結論付けたけど、

2,3日前にマウスを新しくすると快調に動き出した。マウスが2つ同時に悪くなるのかね。

まあ、12月11日の演奏会を終われば抜本的な改造に着手することにしている。


11月3日3年連続でコスモス祭りの舞台演奏があった。

トラック2台が並んで舞台に早変わり、その上での演奏だ。





何とか無事に終了。

11月5日と12日は内野公民館と日進公民館でマウルルが演奏した。

詩吟のグループも内野と日進とでバッティング。各公民館で教室を持っているのでしょう。





5日は公民館での発表を済まして、与野へ駆けつけ、WAIWAIの第2部を見学。

いつもながら思いやりに満ち溢れた演奏だった。



11月8日は米大統領の選挙があり、ドナルド・トランプ氏(共和党)が当選した。

予備選からテレビが大騒ぎ。評論家や学者が選挙戦からドナルド氏が当選すると株が暴落するなど世界は大変なことになると。

ただ一人、去年の12月ごろから「大統領はトランプ氏になるかもしれない」と。

それ以来8チャンネルの「Mr.サンデー」を録画しても観ることに。いつまでその主張が続くかと。

彼の情報源は大新聞やテレビの評論などでなくSNSやネットでの書き込み、米国の住民の声をいろいろ分析していた。

最後の最後まで木村氏の判断に対し、多くの評論家が反論していたが、どうするんだろうね。知らん顔ですね。

でも、着任してからが波乱が待ち受けているのだろうけど。



11月15日は

私の次男坊が2月に動脈瘤で手術、そのあと頭蓋骨が別途保存され、今日やっと頭に戻す手術をした。

帰る途中で一方通行の道路を逆走する自動車を目撃した。事故には至らなかったが本当に怖いですね。



白い自動車が迷走して来たものですが、本当に怖いですね。

私も来年79歳。事故を起こす前に免許返上ですね。お正月に家族全員に宣言するつもりです。

廃車後は「タクシー」を利用することに。自動車を所有するだけで年間約25万円ぐらいの出費。

これをタクシー代にするつもり。月2万円ぐらいを当てるつもりですが。



11月17日はボジョレーヌーヴォー解禁日。酒屋に立ち寄ると日本酒「しぼりたて」も解禁日

早速、自分も解禁した途端、体重が増え続けております。




12月11日の某マンションでの文化祭に出演が最後の舞台。最後の頑張りです。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タブレットで見聞きするアプリ | トップ | 官民境界の立ち合い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。