TOMMYのがたろ

徒然なるがままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なーんだから大火

2016-12-24 21:36:18 | 日記
もう先週になるのでしょうか。日ロ首脳会談がありました。

2日目の終了後日本の首相のテレビ掛け持ち出演というのがありました。

全部観ました。実に饒舌ですが、すべて言い訳のように聞こえて来ましたが、大丈夫なんでしょうか。

その間に株価が値上がりしてすごいですね。この話はいずれまた。



22日の新潟の糸魚川市火事は大変でした。約150棟が焼失したのには驚きました。

年末の寒空に焼け出された方々は本当にお気の毒です。それ以上何と言ったら。


しかも11時ごろニュースを見ていたら、大宮でもと。

ネットには大宮での動画がどんどんアップされてきて、はゃ!


火事で思い出すのは、やっぱり戦災。大阪の道頓堀のビル火災。最上階から路上にどんどん落ちてくる。

実はこのビルに入ろうとしていたので、自分はその時点で終わっていたかも。

そして勤務先の近くで火事が頻発していて、その一つで火事の類焼を懸念した問屋の商品を

何回も何回も運び出してぶっ倒れて1週間寝込んだこともありましたね。



昨日大宮の銀行に出かけ目の前の火事現場跡を写真に。



それから四ツ谷に出て、紀尾井ホールに行ってきた。

早く着いたのでホテルニュー大谷の方に降りていくと「喰違見附」後に





「喰違見附」は江戸城三十六見附の一つで、有名なのは「赤坂見附」「四谷見附」「市ヶ谷見附」らしいですが、

江戸城の外郭に位置し、外敵の進行侵入を発見するための警備の城門だそうです。(勉強しましたよ)

紀尾井ホールでは「ビッグバンドの時代  ~スイングしなけりゃ意味ないね~ 」と題しての演奏会。

ビッグバンドを聞くのは、久しぶりなので期待していたのに、後半寝てしまって、残念_




ロビーにレコードのジャケットが展示されていたのだが、その中にデユーク・エリントンが当時使っていたという楽譜が

展示されていた。









アメリカでこんな一枚の楽譜でも大事に保管するのですね。

ルイ・アームストロングの楽譜も図書館に大事に保管している。

日本ではどうなんでしょうか。先達たちの功績をこんな形で残しているのだろうか。

まさか黒塗りではないでしょうね。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官民境界の立ち合い | トップ | 明けましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。