365の短歌っぽいブログ 少しの笑いをリズムにのせて

少しの笑いをリズムにのせた365このお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

44 ズッキーニ ~君を愛して~

2016年06月23日 | 日記
先日ズッキーニを頂きました

ズッキーニってここ数年間で
随分と日本に浸透したもんですよね
自分が子供の時には
八百屋さんになかった気がするなぁ

ズッキーニは
生でも焼いても揚げても 良し
どんな生鮮食品とも加工食品とも
合わせられる

これが彼らが
一躍夏野菜界という
スターダムにのしあがった
理由なのでしょう


加えて
畑で育てると
挑発的な茎や葉のギザギザ感とは対象的な
つるりとしたなでらかなフォルムで彼らは実る


「嗚呼!ズッキーニ!
お前はなぜにズッキーニ……」


彼らを収穫する時は
知りもしない
シェイクスピア感を出してしまうのは
言うまでもありません

酔いしれるほど綺麗なのです
ズッキーニ ズッキーニ
おお
なんて甘美な言葉の響き…
わたしは彼らを愛してやまない


今年は畑で育てていなかったので
ありがたく受けとりました

静かな笑みを浮かべて
テーブルに置いて
頂いたズッキーニとの会話を試みる

横たわる
君は誰だと
問う声に
無言の果実
もはやこん棒


………

打撃力が高そうな
ズッキーニ
ありがとうございます

このズッキーニ
育ち過ぎていました
彼らは2~3日放置するだけで
「私に気づいて」
と言わんばかりに
大きく…それは大きくなるのです!


自分の腕くらいある
頂いたソレを
赤子を抱きしめるよう
両腕でそっと包み
そのまま実家に
置いてきました



てへっ


皆さん
ズッキーニと子供の育て方には
要注意


またね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

43 アニマルテレビっ子

2016年06月22日 | 日記
テレビっ子と呼ばれていた
瞬きもせずに液晶を見つめて
よく怒られていた

最近はつまらなく感じることが多くなったなぁ
そこまで入り込める番組が
もうない

そんな時チャンネルをポチポチ替えて
動物の番組をみつけると
とにかくほっとします
まっすぐな心で
テレビの世界に入り込めるから

彼らはいつも生きるのに必死
狩りを行い失敗を繰り返しながらも
なんとか子供を育て上げる
はたまた狙われる立場にもなる
そんな情報がはいるといつの間にか
息を飲み
瞬き停止食事も停滞
画面を夢中で見てしまう
おかえり!テレビっ子なわたし!

先日
ハシビロコウという
鳥が主役の番組を見ました


ハシビロコウ
大型の鳥類で、頭頂までの高さは110-140センチメートル、中には152センチメートルに達するものもあるby wikipedia

……………いやいやいや、でかすぎでかすぎ
この中人入ってない?

恐いの、大きさだけではありません
本当に鳥類なのか疑わしい顔つきで
ピクリともせず
その場に獲物が来るのをひたすら
待ちます

 
彼らは
お食事中のわたしを
一気に不快な気分にさせた

獲物を狩るまでの数時間を
番組は短縮してはいるものの
アップにした画面が続いていたのです
もう、現在の
カメラ技術を恨むわぁ……

水辺にたたずむハシビロコウは
息を吸いに水面に上昇してきた魚を……
はい ひとのみ
「うわ」
左手で目を覆う

魚に初めて
感情移入しました


そして場面は移り
今度は
なんの種類かはわかりませんが
とにかく
子鳥
といわれて普通に連想する大きさの
小鳥さんの
雛を…………!!!!


「やめてえぇぇぇぇええええ!!!」


気づいたらテレビに向かって叫んでました

涙が滲んだ
鼻がすんすんと言った


鳥が鳥を…………嘘でしょ…………


左手に
かしぐ落胆
支えつつ
握る右手の先に鶏肉


「あんただって食べてるじゃん」


違う!今はそんな冷静な言葉は
いらない

わたしは今
親鳥なんだから………!!

どこまでも感情を揺さぶる
BSのアニマル番組
まじ
ワイルドライフ


一ミリもハシビロコウには
感情移入できませんでした


またね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

42 Mother's Day and Father'sDay

2016年06月20日 | 日記
じめじめと雨が続くこの時期
梅雨という言葉に促されるように
日曜日、梅を漬けてみました

愛情が半端ない
美味しくなぁれ うまくなぁれと
願いを込める
そんな昨日は父の日でもありましたね


先月の母の日は
手作りのパジャマをプレゼントしました
着心地の良いパジャマを目指し
Wガーゼの柔らか素材を
数日前から購入し
いつも着ているパジャマを見本に
少しゆったりめに作りました

パジャマのズボンなんかは
作ってみると
イメージ縄文杉でも履けそうなサイズ‼
でっかぁ!
さすがにこのサイズはないよな
と反省
もうほとんどできていたので作り直すのも一苦労なのです

試着してもらうと

うわああぁ!
母の腹部が発達してた
作り直さずにすみました
ゴム、いらないかもしれません

縄文杉
いや、
お母さん、ありがとう

「あんたを産んだから出たんだよ」
どこか涙滲むような母の日らしいフレーズを
怒って言ってました
でもパジャマ、とっても似合う!
気に入ってもらえて
良かったぁ

お母さん、いつもありがとうね


一方
今日月曜日
ニュースで昨日が
父の日だったことを知りました

「あー父の日だったんだ、知らんかった」と言うと

父が無言でムヒ(かゆみ止め)を
私に塗ろうとしてきた

皮膚炎を持つ私に対して
恐ろしい仕打ち!

その後しぼんだ父に
「この梅漬けあげるね」
と言ってあげました
できるのはあと1ヶ月後……


うまくなれ
上手くなれよと
押す荷台
その手忘れて
今日も二輪車

梅への呪文を唱えると
自転車に乗れるまで
付き合ってくれた父の姿が
ちょこっとよみがえってきた

今こんなに二輪車に乗れているのも
父のおかげ

お父さん、ありがとう

美味しくなぁれ うまくなぁれ
この思いが梅に伝わりますように!

またね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加