365の短歌っぽいブログ 少しの笑いをリズムにのせて

少しの笑いをリズムにのせた365このお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

49 バレンタインの記憶

2017年02月13日 | 日記
バレンタインの季節ですね
それは忘れもしない2月の土曜日
一日のみの契約でチョコの売り子をしたことがあります
スーパーで見かける試食販売の仕事です

朝のスーパーは殺伐として
スタッフは機敏に各々の仕事をこなしていました
初めて店の裏側を見たことで
緊張して萎縮した体が更に縮こまっていったのを覚えています
バイト担当の従業員の方に震える声で挨拶すると
ついていった先には段ボールの山
「これ売り切れるよう頑張って」
とあっさり言われました

今まで『試食は食うのみ』で通りすぎていただけに
売り子の皆さん
マジですみませんでした!!
と雪の朝に叫びたくなった
届きもしない言葉を胸に
いざ、売り場へ出陣!

バレンタインの季節が近いせいか
思いの外出足は好調
慣れない感じがうまい具合に同情を誘ったのもあるかもしれません
「一生懸命だから買おうかな」と言ってくれたり
「私はいつもバレンタインはこのチョコで作るのよ」
なんて声をかけて購入していただけたり…
個人的にはこのメーカーのチョコは好きではなくても
心からの「ありがとうございます」が沸き上がって止まらない
世の中を支えているのは母性だとつくづく感じて
また声を張り上げる


ガリレオに
告ぐこの星の
動力は
母性であるこの
揺るがぬ事実


声に反応して
年を召された女性が腰を曲げて近づいてきた

「あなたとっても一生懸命で胸が打たれるわ
この仕事続けていたら、あなたこの店のトップになれるわよ、頑張ってね」

慣れない環境で必死になってチョコを売る
なんてことのない仕事のようで気が張り詰めていて
今にも泣き出しそうだった

「ありがとうございます!」

沸き上がる感謝の言葉と
膝に顔がつくほどの深い一礼に反して
試食だけ貪り食って
女性はその場を後にしました

うおおおおい!エクスキューズミー!!


この季節になると
ちょっぴりビターなこの記憶が
蘇ってくるのです

とにもかくにもハッピーバレンタイン!
またね
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 48 年忘れ2016 | トップ | 50 有名人に例えると »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふな)
2017-05-08 00:10:13
うけるー笑
Re:Unknown (gatagata555)
2017-06-30 15:18:19
ときたまみてくれてるのね!さんきゅさんきゅ!笑ってもらえてなお嬉しいよ!さんきゅさんきゅ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。