365の短歌っぽいブログ 少しの笑いをリズムにのせて

少しの笑いをリズムにのせた365このお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

52 御言葉いただきました

2017年04月22日 | 日記
みんな、おひさ!おまた!

……今無意識に浮かんだ言葉を
ぽちぽちしたけど
言葉にも寿命ってありますね

中学時代の同級生に
「ジモッティで遊ぶべ!」
(ジモッティ=地元の人)
と言われたことがあった
私はそれがジモッティという言葉との出会いだったが
聞いた瞬間
言葉が死んでいる
と思ったのをよく覚えている
要するに ダッサ!チョベリバ!と思ったよね
出会って瞬間で終わる言葉もある

逆に言葉に救われたり
忘れられない言葉との出会いもある

先日連続テレビ小説「ひよっこ」の話で
洋裁教室の師匠と盛り上がった
昭和の高度成長期を舞台にしたドラマなので
生まれていない時代なのだけれど
その出てくるセリフ達の胸打つこと!
セリフひとつに
どんな人物か どんな思想を持つ人なのかを
感じさせる奥行きがあります
自分が言われた気になって
テレビで涙ぐむ時あるもん

脚本家って、すんげえなぁー
お父さん、
道産子のくせに
最近茨城訛りが止まりません

ひよっこ時代を生きた師匠は
その時代の温度を知っているからでしょうか
今まで沢山の名言を私にくれました

ヨガに精通する師に
下半身ダイエットのアドバイスを求めると


尻の穴
締めよと響く
師の声に
ハミングをする
足踏みミシン


洋裁と共に
胸に残る言葉をありがとう
体内のエネルギーを逃がさず
そしておしりも心もシェイプアップ!
という深い御言葉を手短に

また
いつかのドラマの感想時に
「あの人の涙の流れ方がおかしかった」

整形という言葉を安易に使わずにおっしゃった
師匠ならではの
テクニックのある御言葉も
私は決して忘れない

師匠、これからも名言4649!

またね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 51 libraryで昼食の | トップ | 53 全然前世 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事