365の短歌っぽいブログ 少しの笑いをリズムにのせて

少しの笑いをリズムにのせた365このお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

51 libraryで昼食の

2017年03月02日 | 日記
行き場のないこの気持ちを
どこへやればいいのだろう

孤独がたまに襲う時
私は迷わず近所の図書館へ足を運ぶ
冬の寒さを凌ごうと
私は迷わず図書館へ足を運ぶ

私は迷わず図書館へ……

そこに着くとすでに新聞を広げたり
睡魔に襲われ口開け眠る
年を重ねた多くの知識人で溢れている
そう、私達は同じ心で繋がっている

街中の大きな図書館へ向かうこともある
そこには博識な若人達がくるのだ
私は髪をきりりと結び
高い視力を敢えて覆い
伊達眼鏡という最大の武器でインテリを演出する
普段は見向きもしない本に
顎をさすりながらにじりよる
目に見えない格闘が、ここでは繰り広げられている

そんなシリアスな空間に
母がのそのそやってきて
「なんかあんた、ついてるよ」
と眼鏡を見つめ言ってきた

丸い体に手提げかばんの母
構ってられないのだがねと
インテリは思いながらも
母の一言にため息交じりに眼鏡を外す

驚いて目を疑った
なぜ、なぜなんですか、なぜですか

「とうきびついてんだけど」


静けさや
本に染み入る
母の声
Deleteキーで消す
夏の暮れ


昼にがっついたアイツじゃね?
ゆでとうきびをがむしゃらに食べて
弾けたものがどうやら眼鏡へ……
自分のおバカ!
装着前に気づかんかい!

「コーンつけて、格好つけて、」
涙を流して笑う母
昔のギャッツビーのCMみたいに言われました

オブジェだし、あえてだし
と思いながらも
このポップコーン野郎!
黄色いアイツを指で弾いて葬った

思い出と一緒に
伊達眼鏡もしまったあの夏

またね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50 有名人に例えると | トップ | 52 御言葉いただきました »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文章最高 (akenko)
2017-04-14 10:20:39
貴女は何も気取らなくともインテりです
ところでいんてりってどう言う意味だったけ・・・・?
Re:文章最高 (gatagata555)
2017-05-01 15:52:46
いつもコメントありがとうございます!インテリとはなにぞやと考えるところからインテリは始まっているのです いつまでもインテリでいたいものですね! 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。