胃生検の小部屋

胃生検からはじまる消化管病理の美しい世界

リンパ球性胃炎 lymphocytic gastritis

2016-10-15 | 胃炎
リンパ球性胃炎です.
上皮内リンパ球がメッチャ増加しています.CD8+Tリンパ球といわれています.
古くはHaotらによるVarioriform gastritisという論文が有名です(1989年).
メネトリエ病,肥厚性胃炎,スプルー,collagenous gastritis/colitisなどとかぶることがあるようですが,H. pylori胃炎でも反応性にみられることがあります.
スタンフォード大学の病理サイトをみると
May be associated with:
◾Collagenous gastritis
◾Celiac disease:Predominantly antral
◾Helicobacter:Predominantly in body mucosa or diffuse
◾Crohn disease
◾HIV infection
◾Lymphoma
と記載されていました.

身近なヒトが関連している論文ですと,
Verh Dtsch Ges Pathol. 1996;80:208-11. German. PMID:9065003
Intern Med.1998 Dec;37(12):1019-22. PMID:9932632. Free Article
がPubMedでヒットします.前者は独語論文ですが,後者はfree articleです.いずれもピロリ菌関連です.


先日ケルン駅でみた客車列車.牽引は西ドイツ時代に製造された120型電気機関車です.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« collagenous colitis | トップ | 多発性白色扁平隆起 multiple... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む