モケーレムベンベ井澤聖一の「浮世の散歩」

モケーレムベンベのボーカル、井澤聖一のブログ

オシャレ道

2016-12-28 10:12:21 | Weblog
新しいジーンズを買うと、まず洗って、コインランドリーの乾燥機でギンギンに縮ませる。
縫い目のとことかがしわっしわになり、一晩で白髪と化したレイみたいな感じになって、とてもよい。(なんのことかわからん人は北斗の拳を読まねばならない)

洗う時も裏返したりせず、専用の洗剤など使わず、
ポケットに財布とか携帯とかもどんどん入れる。
なんちゅの、ラフに扱うがゆえの思い入れっちゅうのかしら。


漁師が履いたジーンズがとてもいい色落ちになるとして、高値で販売されているらしいが、
それじゃバッグだけヴィトンのおばはんみたいだ。
漁師の色落ちが欲しくば、漁師になりなさい。

自分の暮らしと一体化すること。

「着こなす」とかのレベルじゃなく、自然と完全に自分のモノになるところが、
ジーンズを好んでよく履く2番目の理由。

1番はもちろん、毎日そればっか履いててもなんとなく許されることである。

オシャレさんへの道は遠い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ひろし」だと思って油断し... | トップ | むしろ今こそ。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (J)
2016-12-28 14:45:08
私はきよっさんよりも更にお洒落感の無い人間ですが、『漁師の色落ちが欲しくば、漁師になりなさい。』には全く賛同できますわ!
本物には勝てませんからねぇ…。

あと、服装や持ち物以外にも、例えば手とか体つきとか動きや姿勢にその人の仕事や趣味が表れてるのは素敵だなぁと思いますわ。
Re:Unknown (井澤)
2016-12-28 14:53:32
手には意外とめちゃ出ますな。
あるベーシストは成長期にずっとベース弾いてたせいで、左右の手の指の長さが全然違うのだとか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL