こみバス散歩

犬山市を中心にコミュニティバスでお散歩。ときに福祉交通について研究したり、ときにマニアックな乗り継ぎにチャレンジします。

Vol.280 こみバスで行く『犬山七福神めぐり』2017

2017年03月20日 19時00分00秒 | 犬山市コミュニティバス
※個人のブログです。内容に個人の主観や感想、想像による文章も含まれます。あしからずご了承下さい。
※小さく表示された画像はクリック(タップ)すると大きくして見ることができます。


(↑筆者の活動の原点に帰ってきました)

 皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、筆者の犬山市コミュニティバスを応援する原点、『犬山七福神めぐり』をご紹介したいと思います。

 平成25年11月1日。犬山市コミュニティバスは台数を2台から5台に増車し、大幅ダイヤ改正を行いました。

 それを機会に勝手ながら犬山市コミュニティバスの応援をはじめ、前身の「こみゅバス散歩」を制作を開始。途中でスマホでの見やすさを気にしながら、現在の『こみバス散歩』へ変更し、今日に至っています。

(↓「こみゅバス散歩」時代に「寂光院」バス停で撮影)

※「寂光院」バス停は現在「寂光院口」に名称を変更しています。


 作り直した結果、残っていませんが本当の1回目が、犬山市コミュニティバスを利用した『犬山七福神めぐり』で、バスを利用しながら、御朱印集めと健康づくりをしていただければと、ご紹介させていただきました。

 『こみバス散歩』で作り直した後も、バスを上手に利用した寺社7ヶ所を巡るコースをご紹介しましたが、今回あらためて、筆者自ら『犬山七福神めぐり』を行い、原点へ立ち返りたいと思いました。

 というわけで、さっそく出発です。

 まずは、このブログではおなじみの「南別祖」バス停からスタートです。

(↓原点回帰ということで、やっぱりスタートはここから)


 7時56分発の栗栖線「総合犬山中央病院」方面行きで、「犬山駅東口」まで移動します。

(↓「南別祖」バス停に到着する栗栖線の315号車)


 本来の目的地とは逆の方向になりますが、これは犬山駅を起点とすることで、この記事を読んでいただいている皆様が分かりやすいかと思ったからです。

 なので、何の目的もありません。

 ちなみに犬山駅構内の観光案内所で、『犬山七福神めぐり』専用のご朱印帳を200円で発売していますが、開店は9時なので、ここでは購入できません。

(↓皆様へのご紹介は「犬山駅東口」から……)

(↓栗栖線の「栗栖北」行きが来るまで、キャスタ1階のカフェ・プロスベールで喫茶タイム)



 「犬山駅東口」から、いきなり栗栖線「栗栖北」行き1便(8時34分発)に乗ってスタートした想定です。

 その方が、突然やってみようと思い立った方にも役に立つ情報になるかなぁ……と考えました。

 もし、事前に準備されたい方は、前日までに専用御朱印帳の購入をオススメいたします。

 さて、出発の前に最低限必要な情報をおさらいします。

 まず『犬山七福神めぐり』をするのに欠かせない、犬山市コミュニティバス栗栖線は年末年始を除く毎週月、火、金曜日の運行ということです。

 今日は、平成29年3月20日(月・ということで、運行日になります。

 そして、各寺社での御朱印の受付時間は9時00分から15時00分ということ。この時間より早くても、遅くてもいけません。時間内に7ヶ所巡るか、そうでなければ2日に分けて回らなくてはなりません。

(↓9時00分から15時00分までに、これら7箇所の寺社を参拝し御朱印をいただきます)
(←1番札所・犬山成田山)
(←2番札所・寂光院)
(←3番札所・桃太郎神社)
(←4番札所・龍済寺)
(←5番札所・瑞泉寺)
(←6番札所・針綱神社)
(←7番札所・三光稲荷神社)


 もっともコンセプトは1日で歩いて回れる範囲なので、バスの時刻にこだわらず、歩けるところは歩けば間に合うのですが……。(笑)

 ということで、必要最小限の情報をご紹介したところで、やって来た栗栖線「栗栖北」行き1便で、1番札所の「犬山成田山」へ向かいたいと思います。

(つづく)

(↓栗栖線「栗栖北」行き1便に乗って、ここから『犬山七福神めぐり』へスタート)

(↓以前、ご紹介したものです)
Vol.004 犬山七福神めぐり
<犬山市コミュニティバス時刻表>
(↓栗栖線・楽田西部線「さくら総合病院前」行き)

(↓楽田西部線・栗栖線「栗栖北」行き)

※上記の時刻表は平成28年11月1日のダイヤ改正にもとづくものです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
※ブログの内容は平成29年3月20日(月・祝)のものです。
※このブログは個人のものであり、登場する自治体や交通事業者とは何ら関係がありません。
犬山市ランキング
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.279 楽田東部線で行く『... | トップ | Vol.281 こみバスで行く『犬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL