はじまりは今~♪

『がるるまきの本日は修行?』
ばっくれ主婦アスリート。そこいらの主婦がどこまでできるか?
アホな日常から修行まで。

ワラーチで走り続けたよ、118km。第27回富士五湖ウルトラマラソン、その3

2017-04-29 | ウルトラマラソン
約12kmの本栖湖周回を終えて帰ってきた本栖湖駐車場エイド86.8km。

残りは31.2km。時刻は14:30。ゴールの制限時間までに残された時間は4時間半。
km7で走れたら3時間40分くらいか。

でも最後の船津の登りには50分は残しておきたいし、ここからをkm7で走るのも私の走力ではいっぱいいっぱい。
そう考えると余裕は一切なし。
走り続けるしかない。もし走れなくなったら・・・終わり。

この状態から崩れるのはいとも簡単。だからこそここからが勝負なのだ。
ここからが自分との闘い。ゴールへの執着心、どれだけ自分を盛り立てて気持ちを切らさずに行けるか。

去年は本栖湖周回の後半から吐き気に襲われ、急に走れなくなったからここからはすごく気持ちが弱っていた。
でも精進湖へ向かう途中であの松籟荘の女将ユッコたんが応援に来てくれて
ものすごい力を貰った。『弱ってる場合でないよ、ここからはまきちゃんの得意な所でしょ。行けるよ!!』
そしてなんとかゴールへたどり着けた。

今年は大丈夫。そう、ここからは得意な所なんだ。私は行ける。走れる。
諦めて歩いて走れなかった112km初挑戦のあのDNFから悔しくてリベンジ、そして何回も乗り越えてきた道。

走り出すと、もうすでにポチポチと歩いている人達。
しかもしばらくすると薄い登りがじわじわとはじまり青木ヶ原大橋までずっと登っていくのだ。


ミニーちゃん♪がんばろう。
往路で『ミニーちゃん、あんま可愛くないよ~(≧▽≦)』『キモいと言われます』
なんて会話したよね。ゴールしよう。

さらに進んで、歩いている男性、ガンバと声をかけてパスしたら
その声に反応したのか、私がパスした後に走り出した。

私も振り向かないが、ずっと足音がする。ずっと大橋までの登りも着いてくるよ。
次第に一緒に声かけあいながら走った。

私はね、私のウルトラは歩かないのが鉄則なんだ。どんなに遅くても自分の中では走っている。
で、それが心の支え、歩くと心が弱るから。


さぁ90kmだ。14:55
km7ちょい越えだけど、まぁなんとか。足の豆はもうズリズリ、一歩一歩痛いのだが
走り出すと麻痺するというかなんとか。ふんばりは効かないがこのペースは維持できる。
ソックスは持っているのだけど、履くと余計異変が起こりそうで、もうこのまま持たせたい。
痛くない、平気平気。

っていうか、こんな90kmも走ったら
誰だってあちこち痛いよ。私だけでない。それでも走るんだ、これがウルトラなんだもの。


旧精進小学校、ここは100kmだけの関門。118は関係なし。
座っている人たちに『さあ行くよ、みんなゴールしよう。』と声をかける。
(おせっかいなおばはんなんですがね(^^;)許して、すべて自分に言っているわけで(^^ゞ)

ここで一緒に走りだした彼に写真を撮らせてもらう。なんとお住まいはご近所さんのT君。
最後まで行こう、ゴールしよう。
とにかく声を掛け合って進む。さぁ次のエイドは??野鳥の森か?何キロ?


本当に応援が嬉しい。

『がんばろう、たのしもう』うんうん、そうだ、がんばろうたのしもう、辛いことも苦しいことも痛いことも全部ね。


カメの歩みでも一歩一歩進んでいれば近づいてくるんだ。
96km 野鳥の森公園エイド、うどんエイド。15:39
もううどんは食べられなかったが、うどんのおつゆだけもらった。

ここでスタッフの人が『ちょっと厳しいよ、次の関門はギリギリだけど、その次が危ないよ』と言う。
私は『大丈夫です!!行けます。行きます。船津の登りも走りますから。ゴールしますから!!』
揺らがない気持ち。ワラーチで走り切りたいという気持ちが強かったのだろうな。

そしてまた走り出す。
ここらへんでまた数人一緒になって走っていた。で、お話した人は去年は本栖湖でOUTになったと。
行こうよ、今年はゴールしよう。行こうよ、ゴールまで。みんなでがんばろう、みんなでゴールしよう。
とにかく周りを巻き込んで、みんなみんな一緒にがんばる。

挫けそうになるととにかく声を出す。ね、みんなでがんばろう。

そんなで走っていたら・・・
車から応援の声。HIDEKIとMIOが子供たち連れて一家で来てくれたよ!
『マキさ~ん、行ける行ける走れているよ~』嬉しくて嬉しくてテンションあがる、あがる。
足和田小学校の下りで待っていてくれたのだけど、先に道路を渡ってしまって
お話できなかったのが悔やまれたけど(T_T)

ありがとう、絶対ゴールするからね!!彼らも私が2回目でやっとゴールしたこの112kmで知り合った友達だ。
嬉しい、背中を押してくれる。痛いなんて言っていられないよ。


98.9km 西湖公民館 16:01着。 関門時刻は16:25
トイレも行っておこう。でも余裕はないね、早くでよう。出たのはたぶん16時10分。

とにかく最後の関門ステラシアターには18:05には着きたい。

『後、何キロ?ステラシアターは何キロ?』と聞くとT君が関門表を見て教えてくれる。
『113.1キロ』

で、またしばらく経つと『ステラシアターは何キロ?112.1?113.1?』ぼけ老人か(≧▽≦)
で、T君がまた関門表を見て『113.1キロ』
いや、私もウエストバッグには関門表はいっているんだけどね。お世話になりましたわ(#^.^#)

そして計算、14.2km、km7で行ったら1時間38分ちょい。
行けるね。km8でも行ける。でもしばらくこの湖畔を走るけど、国道に出たらもうずっとじんわり薄い登りが始まるのよ。で、ファミリーマートが出てきたらゴールまであと7km。
ってことはステラシアターまであと2km。

ここらへんはあのマイケル練のおかげでしっかりイメージできていた。

そして湖畔では


キャサリンだ~~~!!『キャサ~、最後まで会えた~!!嬉しい~!!!!』
キャサは衣装替えしてヘアも代わって待っていてくれたわ♪本当にありがとう~。



きりんさんも~ありがとう~!!もう少しだ、がんばるよ。


エイドが見えてきた。キューピーちゃんがいるこのエイドはキューピーのおかゆがあるエイド。
107.8km 17:11

去年も胃がダメになっても食べられた胃に優しいおかゆ。この日は2杯いただいた。
最後のちからになるように。感謝です。


108.3km 17:17 あと10km!! 


国道に出たら登るからペース落ちるから、この湖畔はなんとか頑張っておかなくちゃ。
ステラシアターは国道に出ても結構長く感じるよ。
ビアンキみたいなグリーンの屋根の建物とグリーンのフェンスが出てきたらそこがステラシアター。
ゴールまであと5km。

見上げると富士山がくっきり。応援してくれている。

がんばろう、もう少しだ。みんなでゴールしよう。
動け~動け~脚、停まるな~。みんなでゴールへ。


来た来た来た。ステラシアター最後の関門。113.1km。 17:54
行ける、ゴールの制限には余裕だ。

トイレに行きたかったが、常設のトイレは閉まっていて、簡易トイレは数人の列。
気温も下がり風も出てきていて、停まって末には厳しすぎる。
もういい、ゴールまでなんとかなるさ。


行くよ!!

さぁ最後の坂だ。でもお腹がゴロゴロしてきていたので、トイレに行けなかったのが厳しいのと
ゴールできると気が抜けたのか、足裏のマメが耐えがたく踏ん張れず足が動かない。
それでも自分なりに走ったけれど。

耐えて耐えて、がんばって


あと2kmだ。18:31

あと500mで登りは終わる。もう少し。

で、登り切った。

そこのピークの駐車場の車から『まきちゃーーーーーーん、待っていたよ~』

ユッコたんが~

う~う~嬉しい~感動~

もうね、ドバッドバッ
嬉しくて大泣きしちゃいました。本当にありがとう、ありがとう。
帰ってきてよかった。嬉しい。たまらない。
はい、行きな!!ってオレンジゼリーくれて背中を押してくれた。本当にありがとう。


あと1km。


ああ、HIDEKIとMIOだ、ありがとう。来てくれたんだね。ゴールできるよ。
嬉しい。


朝、4時にスタートしたゴールゲートに戻ってきた。今年も戻ってこられた。
みんなでみんなでがんばったね。応援をたくさんもらって頑張れた。ありがとう。


14時間46分31秒 決して速くはないけれど、一歩一歩しっかり走り抜いたゴールです。
一緒になった人みんなで目指して今年も完走できました。

今年もドラマティックでした。応援してくれた方々、本当に感謝します。
スタートしてからゴールまで、たくさんの感動で溢れている私の富士五湖ウルトラ118km。


まーちゃん、やっぱ追いつけなかったよぉぉ


本栖湖の後からずっと一緒だったT君ありがとう~


F君リベンジ完了、やりましたね!!みんなで目指したゴール。


ワラーチ、ありがとう!!


こんなんなっちゃったけどσ^_^;


100kmで寒い中、暗くなるまで待っていてくれたA井さん、ありがとう~♪




2015奇跡の完走♪



みんなでゴールを目指したんだね~、苦しいのも辛いのも痛いのも全部楽しんだね~
と思ってもらえたら
↑ ↑ポチッと一発お願いします。





















ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワラーチで走り続けたよ、118... | トップ | 5/5は初めてのFleche(#^.^#) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (F山)
2017-04-30 09:02:05
またお邪魔させてもらいます笑

ブログを読んでいるとキツかった後半の気持ちや光景が蘇ってきます。
今だにあのキョリを走った自分が信じられません笑。

ウルトラの良いところは、
1人で走っているように見えて実はみんな繋がっているところなんだと感じます。
だからあれだけ辛くても何回も出ちゃうんでしょうね。

いつかはマキさんのように周りを引っ張る側へ成長したいな〜。
F山さん (まき)
2017-05-01 22:01:41
また来ていただいて嬉しいです^ ^
ホント、きつかった、痛かったのをおもいだしますね。
でもいい時間でしたね。とにかくゴールするということしか考えていなかったもの。
みんなで目指しました。
私もそれがウルトラのいい所だと思います。
てかそれが私のウルトラ。タイムは決してよくないけどみんなの力もらっていっぱい詰まってる。
みんな引っ張ってると言うより、巻き込んで力を貰ってるの(≧∀≦)
行こうよ!ゴールしよう!と言いながら一番自分に言ってるの!
だからみんなに感謝なんです!
Unknown (サイコアスロン静岡・選手会長)
2017-05-02 06:05:40
ラストのゆっこさんの写真、ジーンときました。
翌朝の感想戦では「まきちゃん本当にすごいよね!気持ちが強くて、どんなに辛くても絶対に決めてくるし、それでいて偉ぶらないし…」とゆっこさん絶賛でしたよ。
関門との戦い、足のトラブルなどの中で最後まで気持ちを強く持っての完走、さすがです。

ボクは手負いの状態ながらも、周りのランナーや沿道の皆さんに何度も救われながら気持ちだけは最後まで前を向いてゴールできました。(9時間45分)
一緒の所で走っていなくても、同じ時間に同じ苦しみ、同じ喜びを分かち合う仲間の存在も、心の支えになりますよね。

キャサリンさんは最後お世話になりました。席を外してたようでセルフで給水してたらすっ飛んできてくれました。
きりんさんは「おっさんランナー」さんの4コマブログがきっかけで知り合って、静岡県内のレースでよくお会いしてます。ボクより長身+きりんの被り物で走るから、とっても目立ってますよ。
サイコさん (まき)
2017-05-03 18:28:20
ユッコたんの応援はもう~嬉しかった。
朝に会ったときにゴールには行けたらなぁなんて言ってくれていたからもしかしたら、ゴール会場で会えるかな位に思っていたの。
で、あそこであんなカートで迎えてくれたから、もうもう・・・(T_T)

サイコさんもお疲れ様でした。
故障していてもしっかりゴールして、素晴らしいですね。

キャサリンの応援は次に会えるのを楽しみにして頑張れたので、本当に感謝です。キリンさんもお知り合いなのですね。
みんなに感謝です。

コメントを投稿

ウルトラマラソン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。