El Cielo Azul de YOKOHAMA

青い空 白い雲 どこまでどこまで続く
僕の夢は高く 雲を越えてゆくよ

世界で一番 BONNIE YOKOHAMA

2017明治安田生命J2第9節市原千葉戦は三ツ沢公園・大花火大会

2017-04-24 | 1.横浜トップ

三ツ沢公園、大花火大会にお集まりの皆様
お疲れ様でした!!!

ふと気づいてしまったんですが
我々ヨコハマのジェフに対する苦手意識って
ひょっとして終わった?

いや、何が変わったのか考えました、
あった、大きく変わったことが
物凄い変化があったんです!!!!!!!!!!!!

それは・・・・・・

『古河社宅』が撤去されたこと

どんなに我々が「俺達の丘・三ツ沢」と主張したところで
60数年間、三ツ沢は旧来のサッカーファミリーの聖地であり続け、
「いやいや、三ツ沢は、我が社の丘だから」
と言いたげな存在感を放ち続けた『古河社宅』が鎮座していた。

その『古河社宅』が無くなると決定した2016年

 横浜FC 2(2-1)1 JR.East FURUKAWA United Ichihara Chiba

そして『古河社宅』が完全に取り壊された2017年

 横浜FC 4(0-0)0 JR.East FURUKAWA United Ichihara Chiba

終わったよね、『古河の呪縛』(爆)

三ツ沢が、完全に我々ヨコハマの『俺達の丘』になった節目の試合でした!

 

イバと鄭充根(ジョン・チュングン)の2トップで始まった市原千葉(以下、市葉)戦、、、

前半戦は11人制のハーフピッチサッカー?(汗)
まあこっちは近くで試合してくれてるわけだから、
高丘の復活好セーブやキャラやDF陣の大活躍という、
胃の痛い45分間を耐え抜く(苦笑)

後半は4バックから3バックへ変更して前線に人数を掛けるジミー中田采配。

いや~3-4-3だとは思いますが、どうみても・・・
3-2-5ですよね(爆)
最前線に、永田、チュングン、イバ、野村、藤井って一直線に並んでますよね?(笑)

真藤監督の『超攻撃式2ー4-4』を見ているような錯覚の中、
その時間帯がやって来る。

『三ツ沢公園・大花火大会』


超ハイラインの市葉に対し、謙介から絶妙なスルーパスを受け、
持ち前のキープ力で横に切り裂くイバ!


ハイラインの背後のケアに慣れてる市葉DF陣も、ボールを保持して横に動かれると混乱するよね。
あのイバのゴールは見事!
混乱した市葉DF陣は立て直す間も無く、2点目・野村、3点目・チュングンとシズメラレテ行く。

スタジアムに響き渡る「それだけがプロのしるし」

気持ちがいいね~ホント!!


今まで散々苦しめられた市葉ですから、たまにはこんな日があってもいいでしょう。

 

それにしても、土曜日の野村は凄かった。

ひとりの野村が 二人の野村に 三人、四人
WOW WOW WOW WOW YAH!
忍法・影分身~野村~!

というように(笑)
いったい何人いるんだ野村(爆)

少年忍者・サスケの歌を地で行くような、
攻守にわたって神出鬼没なプレーの連続でしたね。
しかも2得点!

もうね、サスケを通り越して『カムイ』の域に達しているんじゃないかと。
そのうち、『飯綱落とし』の術でゴールを決めてくれるんじゃないかと(笑)

 

そうそう、読売新聞って意地でもうちを『横浜C』と表記していますが、
もうひとつの意固地事が南北朝鮮国籍の選手の名前を漢字フルネームで記載すること。
他の国の選手は登録名なのにね(笑)

今朝、新聞を読んでてねえ、得点欄にありましたよ
【得点】(横)イバ、野村2、鄭充根

登録名でいいんじゃないでしょうかねえ(笑)

チュングン、この得点を切っ掛けにして大爆発して欲しいですね!

 

ジミーさんもインタビューで答えていましたが、大勝の次は大事。
気を引き締めて行きましょう。

 

それにしてもこの得失点差は大きい。
まだまだ順位なんか関係ない時期だけど、
今日明日ぐらいは幸せ、噛み締めてもいいよね!


愛しのヨコハマ
Bonnie YOKOHAMA
Bonnie FULIE

2017明治安田生命J2第9節市原千葉戦

横浜4-0市原千葉戦後のジミー中田監督

170422 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉戦 ハイライト


PS.
翌日は小机へ『とっとこハム太郎』いや『とっとこミサ太郎』を見に行ってきました。
ダブルピースは・・・・・4点?(汗)

 

------------------------------------
2017明治安田生命J2第9節市原千葉戦
------------------------------------
2017明治安田生命J2リーグ
vs. ジェフユナイテッド市原千葉
@ニッパツ三ツ沢球技場

●試合結果

横浜FC 4 (0-0) 0 市葉


<得点者>
横浜FC
53分 イバ
55分 野村 直輝
61分 ジョン チュングン
69分 野村 直輝


●メンバー
<横浜FC>
[スタメン]
GK 1 高丘 陽平
DF 2 藤井 悠太
DF 20 カルフィン ヨン ア ピン
DF 5 西河 翔吾
DF 3 田所 諒
MF 8 佐藤 謙介
MF 6 中里 崇宏
MF 22 永田 拓也
MF 7 野村 直輝
MF 19 ジョン チュングン
FW 14 イバ

[サブ]
GK 18 南 雄太
DF 4 渡邉 将基
DF 30 小宮山 尊信
MF 10 寺田 紳一
MF 21 増山 朝陽
FW 15 中山 雄希
FW 39 大久保 哲哉

監督
中田 仁司

FP:水色:白:水色
GK:ピンク:ピンク:ピンク


<ジェフユナイテッド千葉>
[スタメン]
GK 23 佐藤 優也
DF 20 若狭 大志
DF 3 近藤 直也
DF 37 キム ボムヨン
DF 4 北爪 健吾
MF 15 熊谷 アンドリュー
MF 32 髙橋 壱晟
MF 10 町田 也真人
FW 8 清武 功暉
FW 9 ラリベイ
FW 11 船山 貴之

[サブ]
GK 29 山本 海人
DF 5 多々良 敦斗
DF 25 比嘉 祐介
MF 6 山本 真希
MF 22 羽生 直剛
MF 21 ホルヘ サリーナス
FW 16 菅嶋 弘希

監督
フアン エスナイデル


<入場者数>
5367人


●ハーフタイムコメント
(監督 中田 仁司)
◯全体的にもっとコミュニケーションをとること!

●試合終了後コメント
(監督 中田 仁司)
まず、連敗しないようにと臨みました。
選手がホームでしかっり勝ち点3を獲って勝利を収めてくれたことは素直に嬉しいです。

前半は、やはり千葉さんの方が優位にボールを支配していて、我々も分かってはいましたけれども、どうしても後手にまわっていました。

狙いとしていた事をトライした場面では成功してるんですけど、その数があまりにも少なかった。

後半は、少しシステムを変更して選手に分かりやすく、同じやり方でやるよりも、システムを変えてもう少し明確にしようということで、やり方を変えてもやってる狙いは同じようにやりましょうと。
他にも少し修正はしていますけれど、そこは選手がトライしてくれて、前向きに得点に繋がり、選手の自信になったと思っています。

大勝した後というのは、どうしても良くないゲームをしてしまいがちですが、また一週間、気を引き締めてやりたいと思いまます。

------------------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月20日(木)のつぶやき | トップ | 4月24日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

1.横浜トップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。