団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

春の陽気に誘われ

2017-03-06 | 街歩き

朝晩はまだ暖房が欠かせないが日中は春本番の暖かさ。少し遠出をしてみるかとスマフォのアプリをセット、そしてネットラジオで海外のジャズ番組を

聴きながら家を出るのがいつものスタイル。番組のメニューではいつもBig band Jazzばかりを聞いているが何故か自分の歩きには合っている。

今日はこの前買った中華激安レンズがお供。135mmf2.8というスペックの中望遠レンズ。星撮り用に買ったのだが出番が少ないのでどんな具合だろう

とD810Aにつけてみた。近所の氏神様入口で一枚撮ってみる。やっぱりAFに慣れているとマニュアルでピントを合わせるのが大変。f4に絞って露

出優先でシャッターを押す。現像はNX-Dのニュートラルで

現像を風景にするとメリハリがついた

東部丘陵線(リニモ)がちょうど横を通過。

そのままグリーンロードの歩道を歩いて隣市にある陶磁美術館の中に入っていくが、陶磁器にはあまり興味も湧かないのでスルー。

庭に8世紀から12世紀ごろの朝鮮王朝時代の陵墓を守るために作られた石人像があるのを知っていたのでその前に行ってみた。

風もなく暖かな昼下がり、若いお母さんと子供たちが遊んでいたのでカメラを向けてみる。ボケてしまったが。こうゆう動きのある被写体はAFを使わないとピントを合わせるのはととても無理。

 道端に咲いていた咲き始めの花。2.8というf値なので柔らかなボケ具合も良い。拾い物だったかこのレンズ。

歩いた距離は9.3kmだった。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回転花火銀河 | トップ | ポタ赤のバランス取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL