G's Loft

がるるのロフト復活暫定版!
3DCGと趣味の車とかバイクの事とか色々

手長神社御柱祭

2010-09-27 00:47:40 | まち歩き

日曜は上諏訪の手長神社で行われる御柱祭を見物に。
本家の諏訪大社では、4月から5月にかけて行われた御柱祭ですが、その後、周辺の神社で同様のお祭りが行われます。
その中でも、手長神社はかなり大規模な方でしょう。
山出し1日、里曳き2日、建て御柱1日の計4日間行われ、本日は里曳き2日目、上諏訪の温泉街から、手長神社の境内まで曳航します。
Epsn1747s
上諏訪駅から狭い裏路地を行くと、先頭が見えてきました。
それぞれの地区が名前の入った旗を掲げています。
Epsn1748s
丁度、一の御柱が路地の角を曲がる所。その辺の電柱より2周りは太い柱ですね。
こういう所はまっすぐ引っ張れないので、難所と呼ばれます。
Epsn1752s
無事曲がりました。
ここで、友人の嫁に発見され、法被を着て曳航に参加させられる事に。
Epsn1759s
元綱と呼ばれる太い綱に、引き綱となるロープをくっ付けて引きます。
一人では当然びくともしないんですが、全員が掛け声にあわせて引き、御柱が動いたときは、えもいわれぬ感動というか一体感がありますね。
Epsn1762s
温泉旅館の脇を通過。2階から見ている老人たちは嬉しそう。
Epsn1765s
踏み切りの手前まで曳き付けて休憩。タイミングを見て一気に渡します。
とはいえ、日中は30分に1本来るかどうかなので余裕ですが。
Epsn1768s
お宿と呼ばれる休憩所を、地区ごとに用意しています。
そこで昼食。実際働いているので、遠慮なく。
Epsn1778s
昼食後、一気に踏み切りを渡ります。
Epsn1801s
国道20号を横断。警官が一時的に車を止めています。
Epsn1806s
旧甲州街道の角を曲がり、手長神社の鳥居に到達しました。
Epsn1810s
しかし、ここからがメインイベント。この石段を上まで引き上げるんですが。マジですか?
Epsn1829s
石段に突っ込む形で休憩中。LCVが取材に。地元のケーブルテレビ局ですね。
Epsn1814s
休憩中に手長神社に参拝。
一の御柱を建てるのは、写真右奥の辺りです。
古い御柱は既に撤去されています。
Epsn1835s
地区の代表が提灯を持って御柱に乗り、準備完了。
乗らなければ楽に引っ張れるんじゃない?などと言ってはいけない。
ここが一番の見所、晴れ姿なのです。
Epsn1849s
先程より御柱に近い所で引っ張る。
怒号が飛び交って迫力がありますね。
柱が転がったりしたら、怪我人が出る大惨事なので、皆緊張してます。
Epsn1853s
じゃんじゃん引っ張り上げます。
Epsn1867s
無事、石段の上まで来ました。しかし途中から雨が。
Epsn1871s
後ろから(建てる時は上になる方ですが)境内に引き込んで、今日は終了。
Epsn1877s
友人と別れ、上諏訪駅構内の足湯で、電車を待ちつつ疲れを癒しました。
あゝ極楽極楽。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高ボッチ

2010-09-25 21:34:59 | まち歩き

バイクを点検に出す途中に、結構いい天気なので、近くの高ボッチ山に登ってみる。
土曜日は雨の予報だったんだけどなあ。
高ボッチは塩尻と諏訪の間、塩尻峠の北側に位置する山です。
松本側の崖の湯温泉から、高ボッチスカイラインを登る。
しかし、この辺の山に登る道路には、スカイラインって名前が多いなあ。
林道に毛が生えたような狭い道なんですけどねえ。
舗装はしてあるけど、結構荒れてて、日陰は毛じゃなくてコケが生えてたりします。
関係ないけど、塩尻峠のやまびこ公園には、日産スカイラインミュージアムがありますね。
Epsn1722s
そんなで、山頂の駐車場に到着。
松本市街と、北アルプスがよく見えます。
Epsn1724s
駐車場から山頂までは、500mほど。あっという間に到着ですね。

ちなみに高ボッチってのは、ダイダラボッチと同じで、要するに巨大な坊さんって意味だそうです。

下から見ると坊主のように見えるとか、この辺りの窪地が巨大な足跡みたいだったとか、由来は諸説あるみたいですが。

Epsn1729s
山頂からは、東側の八ヶ岳が一望出来ます。

先週熊を見たのは、北端(左端)の辺りかな。
Epsn1732s
そして、眼下には諏訪湖の全景が。天気が良くて綺麗に見えます。
しかし、風はもう寒いですね。今日はデニムのジャケットで来ましたが、スースーします。
Epsn1740s
駐車場に引き返し、少し先の高ボッチ高原へ。
8月に行われる、草競馬が有名です。
来年は見に来ようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大河原峠

2010-09-20 23:05:16 | バイク

この3連休は、バイクのマフラー交換やらなんやらをやってました。
最終日の今日は、買い物と試運転を兼ねて、上田から小諸、佐久を通って大河原峠へ。
大河原峠は、佐久から白樺高原牧場までの、八ヶ岳の北側を周遊する蓼科スカイラインのピークです。

Epsn1706s
2093mの大河原峠。下界は晴れていたけど、上はガスって視界が悪い。
バイクが変わってないようだけど、ぱっと見分からない様に改造するのが肝ですよ。
Epsn1701s
湧き上がってくる雲で、小諸方面の眺望なし。
ちなみに、かなり寒かったです。15℃以下じゃないかな。
Epsn1707s
峠の山小屋、大河原ヒュッテで休憩。室内は暖房入って暖かかったです。
ここから、白樺高原牧場へ下って行きましたが、その途中でなんと野生の熊に遭遇。
道路わきのガードレールの隙間から、逃げていく黒くて丸いお尻が見えただけだけど。
体長は1m位だったから多分子熊だろうな。猿や鹿の見間違いじゃないと思うよ。
近くに親が居るとやばいので、流石に止まって確認はしませんでしたが。
まあ、バイクがほんのちょっと迫力のある音になったので、危ない目に遭わなくて済んだということにしておこう。
Epsn1713s
白樺高原へ下ってくる途中の、夢の平展望台。
全然展望利かないじゃまいか。
Epsn1714s
と思ったら、展望台の奥にちょっと下った場所が。
Epsn1715s
女神湖と車山方面。雲の間から日がさしてきました。
このまま、白樺湖からビーナスラインを走って松本まで行こうかと思いましたが、寒かったので、茅野に下って20号を通って帰宅。
もう9月末ですからねえ。紅葉はまだですが、やはり山の上は冷えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり

2010-09-17 22:56:07 | 食・レシピ

会社から程近い、JR広丘駅前のビアガーデンが、閉店セールをするというではないか。
とりあえず牛カルビ一皿無料券を貰ったからには、行かねばなるまい。
っていうか、今までビアガーデンやってたっていう方が驚きなんだが。
東京でも普通、8月一杯で終わりだよね。
Image_799s
国道19号脇というか、良くわからない事務所の駐車場で行われているビアガーデン。
駅から0分という立地は素晴らしいのだが、如何せんド田舎の広丘駅である。
お客なんて数えるほどだろうに、今までよく耐えて頑張った、感動したと言いたい気分である。
Image_801s
目の前は広丘駅。国道19号は拡幅工事中ですが、いつまで掛かるんだろうか。
先週と違って、今週に入ってからは曇りがちな上かなり寒い風が吹いてます。
Image_803s
ジンギスカン!ビール!
やはり仕事の後の一杯は最高ですね。
ラム肉と牛カルビで夏の終わりを締めくくりました。
このビアガーデン跡地は、冬にリニューアルオープン!するそうな。
おでんの屋台でもやるんだろうか。
そうしたらまた来たいと思いました。
正直ぁゃιぃ店なんだが、こういうのは嫌いじゃない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン通

2010-09-13 22:37:54 | 食・レシピ

日曜日は飲み会があったので、東京まで遊びに行ってきました。
家からだと高速バスの停留所は駅より近いので、バスで行くことに。
電車より安いし、最終は新宿21:40発と遅くまであるので、飲んでからでも帰ってこられるのです。
Epsn1683s
駐輪場に自転車置きます。

Epsn1687s
朝方は雲が多いけど、日中は暑そうです。

飲み会は夕方からなので、昼間は久々に秋葉原へ行ってみる。
デジカメ見たりとか、色々。
実家には親父の形見のαレンズがあったなあと思いながらα55とかNEX-5とかを見る。
まあ、ミノルタ銀塩時代の古いレンズなので、使えるかどうか…カビ生えてる可能性もあるし。
持ってくれば試写させてもらえるということなので、今日は買わずにまた来ようかと。
Image_797s
旧秋葉原デパートの改装もだいぶ進んでますね。もうじきオープンだろうか。
それにしても東京は暑いね。

このあと、飲み会のために新宿へ移動。
最初は、たまにバイクでツーリングに行くメンバーが一人増えるというので、その歓迎会のはずだったんだけど…
その人がワイン好きって事で、歌舞伎町のワインバー、「おぅばん」で、しかもワイン持参の品評会みたいなものに参加する羽目に。
歓迎する側のはずが、いつの間にかワイン初心者のテイスティングデビューになってるよ。
Epsn1689s
持参した酒は、甲府のサドヤワイナリー製、シャトーブリヤン・ミュール。
3000円以下という指定だったので、以前実家に行った時にゲットしたこれでいいかと。
前日の土曜日にも、ワインとつまみを探して塩尻近辺のワイナリーに行ってみたりしてたんですけどね。

Image_794s

これは土曜日の写真。五一ワインの林農園。

Image_795s

その向かいに井筒ワイン 。カップワインとつまみを買った。

そんなわけで、ツーリングのメンバー5人と、その他占めて10人ほどが持ち寄ったワインを紹介しつつテイスティング開始。以下、そのときの周囲の会話。

「本当はもっと寝かしたものが良いんだけど、予算内で一番古いものを…」

「これはエスニックでスパイシーだね」

「枯れ木のニュアンスがあるよね」

「サハラ砂漠の砂のテイストだね」

「これは料理とのマリアージュが心配だったけど、今日のスペシャリテにはよく合うね」

「食事と一緒に飲むと、全く違う味がするね」

ちなみに、実家の近くで、老舗のお勧めらしいですよと紹介したサドヤのワインは、

「いかにも国産だね」

「粘土質だね」

との評価を頂きましたが…難解な言い回しをしないと負けというルールなのか?
思わず、「に、日本語でOK?」と聞き返したくなりました。
普段ビール派で、味の評価は「うめぇ」か「まじぃ」の2つしかない私には、奥が深すぎてついて行けませんでしたよ。

あ、マスターが作る鴨肉のローストは美味かったです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加