G's Loft

がるるのロフト復活暫定版!
3DCGと趣味の車とかバイクの事とか色々

tPad 98 Octa

2017-07-28 20:29:14 | デジタル・インターネット

4年近く使っていたioPad7だが、ついにOS起動と同時にエラーメッセージがループし、使用不能になってしまった。
いやまあ、購入当初からwifiは物凄く遅く、CPUはQuad Coreを謳っているが、これも1コアしか使ってないんじゃないかという程の遅さ。
OSもしょっちゅうエラー吐く不安定な代物だったのだが、電子ブックおよびフォトビューアーとして何とか使っていた。
解像度2048*1536の高精細ディスプレイだけが売りだったので…
何度かの危機は乗り越えてきたのだが、今度ばかりは仕方がない、ということで、通販サイトで新しいのを注文。

2日で到着。
今度の奴は、TeclastのtPad 98 Octaなる中華製10インチタブレット。
型番は98 八核 4Gと書いてある通り、Octa Core、LTE対応。
解像度はioPadには劣るが、1920*1200のWUXGAで、まあ十分。

キーボードケースと保護フィルム付きで、18000円程。
メジャーメーカーよりも安いが、機能は4GLTE、2.4G/5G Wifi、Bluetooth、GPSとほぼフル搭載。
余り使う機会はないが、前面200万、背面500万画素のカメラと、ステレオスピーカーも内蔵。

画面は4:3→16:10と、若干横長になっているが、横の枠が狭めで筐体はioPadより小型軽量。
前から見るとフレームは全部プラスチックなので、まあ値段なりの安っぽさだが。
取りあえず電源ON。
Android6.0で、アプリ類は最小限だが、Googleストア対応なので問題なし。
音声通話機能もあるようだ。
動作はioPadに比べれば、ストレスフリーで快適。
4年前の代物と比べては可哀そうか。

上部のプラカバーを外すと、マイクロSDと、標準サイズのDual SIMスロットが。
試しにマイクロSDを入れてみたが、スロットと筐体の間にスキマがあり、危うくそっちに吸い込まれそうになった。コワイ。
SDカードは写真の位置までしか入らないので要注意だぜ。
SIMカードは、Lumiaのものではサイズが合わないので、大変評判の悪いnuroモバイルの0SIMを注文してみた。
人口過密地帯だと、遅くて使い物にならないという定評だが、松本の田舎ではどうかね。
我ながら、怖いもの見たさのマイナー好きな性格は難だが、まあ損得以上に色々楽しめているので悪くないかと。
0SIMが来たら、またレビューしますかね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« P.D.S.その2 | トップ | 0 SIM by So-net »

コメントを投稿

デジタル・インターネット」カテゴリの最新記事