G's Loft

がるるのロフト復活暫定版!
3DCGと趣味の車とかバイクの事とか色々

RYZEN in the CIRCLE

2017-03-05 20:27:41 | デジタル・インターネット

早速AMDの新CPUを組み立てようかと。
現在使っているEndeavor PRO-500L(中身はSandyBridge) はとりあえずそのままにして、1代古いPCの中身を更新する。

ガワはThermalRockのCIRCLEっていうフルタワーケース。
2009年頃の購入だと思うので、8年前か。
このケースは当時、某海外有名高級オーディオにそっくりなので有名になった奴だ。

内部は埃だらけなので、掃除しながら分解。
搭載していたCPUはAMD Opteron2350で、デュアルソケットのデュアルCPU仕様。
Opteron2350はクアッドコアなので、2個でオクタコア。
2009年当時は3DCGに凝っていたので、レイトレーシングのレンダリング速度を上げるために作ったんだよな。
変則的な構成の所為で、WindowsXP 64bitからWindows8への移行がうまくいかず、XPのサポート終了後はお蔵入りさせてしまっていた。

MSIのB350マザーボードに、RYZEN 1800Xを装着。
ソケットはAM4になったが、IntelのLGAと違いAMDは相変わらずPGAなので、要領は変わらない。

CPUクーラーとメモリを装着。
ソケットAM4はAPUも載せられるので、各種グラフィック用ポートも付いているが、Ryzen7では使えない。
グラフィックアクセラレーターは、とりあえず手持ちのRadeon RX460を使い、通電と動作確認を行う。
今年後半に、AMDの新GPUアーキテクチャ「VEGA」を積んだ奴が出たら、載せ替えたいなあ。

諏訪大神にお祈りをしつつ、電源ON。
しばらく待ってから、無事UEFI画面が表示された。
メモリ1本の場合はSlot A2に刺せって書いてあったのを、間違えてB2に刺してたけど。

マザーボードをケースに入れ、メモリを2枚にし、M2 SSDとDVDドライブのみを装着。
それ以外のHDDは、OSインストール後に接続する。

ケース内部。
マザーの向きは当時流行った倒立式という奴で、CPUが下、スロットが上側になる。
このケースの利点は、御覧の通り、フロントのファンからCPUクーラー、リアのファンまで一直線に並ぶので、エアフローが良い。
欠点は上にある電源からボード上のコネクターまでが遠いので、下手な電源では配線が届かなかったりする事かな。
今回も補助電源のコネクターが一番下に来たので、配線はギリギリ。
隙間が狭く手が入らないので、リアのファンを取り外したりして一苦労。
しかしこのマザーボード、あちこちが赤く発光するが、ケースファンが青いのでマッチングがいまいちだな。
ケースファンを赤い奴に交換しようかな。

OSのインストール中。
久々に見ると、青く発光しているはずのフロントパネルもかなり暗い。
こっちのLEDも交換が必要かな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋葉原 3月3日 | トップ | 蔦木宿 »

コメントを投稿

デジタル・インターネット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL