G's Loft

がるるのロフト復活暫定版!
3DCGと趣味の車とかバイクの事とか色々

東海ツアー 3日目

2017-11-05 23:16:16 | 旅行記

今日は朝から帰宅予定。
午前中名古屋観光の案もあったのだが、鳥取のチョッパー君がなるべく早く帰りたいらしい。
昨日で疲れ果てたかな。
まあ、私も夕方からバイクのリコールなどがあるので、焦らず帰れる方が良いのだが。

朝、ホテルからの景色。
まだ人通りは少ない。
ホテルの朝食は、パンとコーヒー、スープなどの軽食だった。
スープは八丁味噌入りのクリームスープ。
味噌汁よりちょっとクリーミーで具沢山。

ホテル前で鳥取組と別れ、小牧ICから名神経由で中央道へ。
内津峠PAで名古屋土産などを購入。
朝食が軽かったので、蓬莱の豚まんも頂いた。

中央道は、伊北から岡谷間の工事規制で結構渋滞するらしいので、中津川で国道19号に降りる。
木曽路は谷が深く日当たりが悪い。
標高もあるので、奈良井の鳥居峠辺りは10℃程度しかなく寒い。

周りの山も結構紅葉進んだな。
長野の紅葉はいまいち鮮やかさが足りんのだが。

そんなわけで、奈良井の中華屋で昼食。

エビチリ玉子定食。
ウマい。

上げ忘れたんでここで。
初日のログ。
280km程走行。

2日目浜松まで。
170km程度。

2日目名古屋まで。
110km。

3日目、名古屋から松本のガソリンスタンド付近まで。
190km。
この後、帰宅して荷物を降ろし、バイク屋へ。
低回転でアクセルを戻した際、まれにエンストしてしまう症状の改善で、ECU交換のサービスキャンペーンだそうだ。
確かに年に1~2回、発進直後にエンストすることがあって、ガス薄いのかなと思っていたが。
V-Strom1000は、650と比べると低回転でのスムーズさが無く、トルク変動がでかくアクセルワークにシビアなので、ツアラーの割には気難しいエンジン特性なのだが、まあビッグツインはこんなものかと乗っていた。
先週部品を頼んだのだが、ツーリング前には間に合わず、後になってしまったが、バイク屋に行って1時間ほどで交換終了。
今まで低いギヤでのシフトアップ時に感じていた失速も無くなり、かなり乗りやすくなった。
高いギヤで低回転で走るときのスナッチもちょっと減ったかな。
なんとなくトルクアップして、イイ感じに。
ツーリング前にやりたかったなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海ツアー 2日目

2017-11-04 23:51:22 | 旅行記

この時期のキャンプ場は、やはり結構寒い。
昨日は夜中に寒くて目が覚めてしまった。
酔っぱらって、ポロシャツ1枚で寝てしまったらしい。
その後上着を着なおしてからは快適だったが。

富士山の脇から朝日が昇る。

東側は若干雲多めだが、しばらくしたら晴れそう。
太陽が顔を出すのを待ちつつ、朝食のパンを食べる。

暫くすると晴れてきて、暖かく感じられるように。
朝露に濡れたテントを乾かしてからパッキング。

富士山とチョッパー。
絵になるね。

10時ごろまでキャンプ場にいたので、富士宮に出たら11時近くになってしまった。
東京に帰る友人とはここで別れるため、その前に昼食を。
薪ストーブが好評だったので、次回も持参するよう頼んだのだが、相当大変だったらしく難色を示された。
曰く、自分で持って来いと。
いや、無理っしょ。

富士宮から東名に乗り、名古屋方面へ。
途中浜松で、以前も寄った航空自衛隊の浜松広報館、エアーパークへ。
ここには自衛隊の航空機や、半円球のドームシアターなどがある。

ジェットエンジンを後ろから。

格納庫にも様々な機体が。

ゼロ戦も展示している。

ブルーインパルスの機体はカラーリングがカッコいい。

シアター上映時間まで、喫茶コーナーで休憩。
今回上映した演目は、自衛隊の特別救助隊の活動をテーマにした、広報色の強いものだった。
前回のアグレッサー部隊をテーマにしたドラマの方が面白かったなあ。

そんなわけでもう夕方。
これから名古屋目指して出発。

東名から伊勢湾岸道に入り、刈谷PAへ。
この辺りは風が強く、チョッパーの友人はちょっとしんどそうだった。

何とか名古屋のホテルにたどり着き、肉&ワインバーで宴会。

ピザ美味い。

鳥取の友人が天むす食べたいと無茶振りし、店長がわざわざ系列店から持ってきてくれた。感謝。
手羽先うめぇ。

やはりここのメインは肉でしょ。
というわけで、肉類をじゃんじゃん頼む。
どれも美味いので、残さず食べましたよ。
この後ホテルに戻り就寝。
ホテルには大浴場もあり、なかなか快適だった。
暖かいベッドって、良いものだなあ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東海ツアー 1日目 PM

2017-11-03 23:35:56 | 旅行記

途中で買い出しなどをしつつ、朝霧高原のふもとっぱらキャンプ場に到着。

この時期だというのに、凄い混雑。
受付にも時間がかかってしまった。

もう日が暮れて暗くなってきた。
適当に場所探し。
おぃ、ここをキャンプ地とする!

東に月と富士山。
なかなか幻想的な風景。

東京の友人が持ち込んだ薪ストーブ。
鉄板が薄く軽いし組み立て式とはいえ、この大きさはバイクに積むってレベルじゃねーぞ。
過積載の中身はこれだったか。

足や煙突などを組み立て、薪と着火剤を入れる。

ガスバーナーで点火。

ファイヤー。
煙突効果って奴で、一度暖まれば良い勢いで燃え続ける。

濛々と煙を上げる煙突。
ストーブあったけぇ・・・

鍋も乗っける。
白菜鍋。

大分月も高くなり、辺りは霧に包まれる。
寒い。

白菜鍋であったまるぜ。
美味い。

沼津港で買った魚も焼く。
多少燻製気味。

魚を食い散らかす。
鯖うめぇ。

シメは鍋ラーメン。

月も天頂まで来た。
酒も肴も切れたし、そろそろ寝るか。

( ˘ω˘)スヤァ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海ツアー 1日目 AM

2017-11-03 13:52:44 | 旅行記

今日から2泊3日で、富士山麓キャンプと名古屋で宴会の予定。
東京と鳥取から来る友人たちとの集合地点は、沼津の近くだ。

取りあえず、韮崎から国道52号で清水まで行こうかと、中央道へ。
寒いので諏訪湖SAで休憩。
気温は10℃位しかないのでちょっと堪えるが、小淵沢を過ぎれば暖かいだろうと期待。
天気は良いからね。

国道52号を延々南下し、新清水ICまで来た。
後ろから来る鳥取組の情報収集のため、とりあえず高速には乗らず、一般道から清水PAに入場。
最近のPAは、裏口も立派だ。

鳥取組は今ちょうど浜松にいると連絡が来た。
今回はハーレーカスタムが一緒なので、あと1時間はかかるとの話。
東京から来るメンバーもいるので、多少ゆっくり目に待ち合わせ場所へ向かうこととし、軽く腹ごしらえ。
桜エビ入り富士ポークフランクとやらを頂く。
結構プリプリしてて美味い。

PA内には、レーサー仕様のCBR250が展示してあった。
新発行の小説の宣伝だそうだ。

新清水ICから高速に乗るべく、側道を移動。
富士山が綺麗に見える。

駿河湾沼津SA。

駐車場は工事中で、結構混雑。
駿河湾の先には、伊豆半島が見える。

待ち合わせ場所、柿田川公園に到着。
後ろのV-Stromは、東京の友人のだ。
えらい過積載やな。

柿田川公園は、富士の伏流水の湧水地に作られている。
駐車場もそこそこ広く、レストランや土産物屋なども建っている。

喫茶店で湧水コーヒーを飲みつつ、後続を待つ。
旨い。

鳥取組が来たところで、軽く園内を散策。
第一展望台から見た湧水地。
柿田川はここが源流で、ここから上流は全て富士山の伏流水だそうだ。

左側からも水が湧いている。
冷たそう。

第二展望台。
丸い井戸の底から水が湧く。
山梨側の忍野八海と似ているな。

駐車場に戻ってきた。
ハーレーとは初対面だが、この迫力。
フロントフォークなげぇ。

沼津港まで移動し、昼食の場所を探す。

ビルの3階まで上がると、ちょっと空いている店があるのでそこへ。

友人は生シラス付き海鮮丼。

私は桜エビかき揚げ丼にした。
ウマー。
出し汁も付いてきて、途中からは茶漬けの様にして食べる。
ひつまぶしの様で二度おいしい。

食後は、今夜のキャンプ用に酒の肴を調達。
金目、鯖、イカの干物を購入。

沼津港の周遊船が出航。
バックにはこれから向かう富士山。

水門から外洋へと出航。
我々もキャンプ地へと急がねば。
この時期、日暮れも早いからね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡ツアー 2日目

2017-10-09 22:46:37 | 旅行記

ホテルの朝食。
まあよくあるビュッフェスタイルで、特筆すべきところはなし。

チェックアウトして外へ。
今日もいい天気。
ちなみにここのカプセルは結構広く、それなりに快適だった。
カプセルホテルの上段って、梯子上ってアクロバチックなスタイルで滑り込むの、結構好きなんだよね。

歩道と建物の間に妙なスペースがあるが、温泉のかけ流しだろうお湯が、川のように流れてきて焦った。
一部駐輪スペースまで水浸しに。

国道1号を東へ向かい、道の駅富士の展望スペースで1枚。
今日は夏の通行規制が解除された富士山5合目まで行ってみようかと。

そんなわけで、九十九折のコースをガシガシと上り、5合目駐車場に到着。
途中から雲の中に突入しており、寒い。

山頂方面も何も見えない。

展望スペースから下も、ガスっていて視界不良。

だが雲の流れが加速しているので、しばらくしたら晴れそう。

雲が晴れて日が射してきた。

紅葉も目に鮮やか。

山頂まで見渡せるようになった。
こうしてみると近そうなんだがなあ。
ちなみに富士山は、中学生の時に吉田側5合目から山頂まで登っている。
あの頃はコンバースのバスケシューズなんていう舐めた装備で、今でいうところの無謀君だったなあ。
下りで靴擦れしてチマメが出来て大変だった記憶がある。

富士山5合目から御殿場側に下り、須走から山中湖へ。

天気も良く波も穏やか。

写真は韮崎付近。
甲府で昼食をとった後の帰り道。
富士山は遠くになりにけり。

本日のルート。
甲府で昼食中にログが切れてしまったが、家までトータルで、昨日と同じ280km程。
山中湖から甲府へのルートは、国道137号(御坂みち)や358号(精進湖道路)は混んでいるので、裏道の県道719号線(若彦路)を利用。
河口湖から芦川を通って笛吹市まで抜けるルートは、2010年に若彦トンネルが開通したおかげで使いやすくなった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加