G's Loft

がるるのロフト復活暫定版!
3DCGと趣味の車とかバイクの事とか色々

山雅バス

2017-08-27 23:57:57 | アート・文化

夏休みの宿題。
というわけでもないが、仕事で使うモックとして、山雅バスのペーパークラフトなどを作成。

エプソンのWeb素材のページから、印刷データをダウンロードする。
山雅グッズの他にも色々あって迷ったが、まああまり複雑じゃない奴で。

作成中。
写真用紙に印刷したところ、裏側に糊が付きにくくて苦労した。
タイヤとエアコンを付けて、一応完成にしよう。
サイドミラーなどの細かいパーツは、邪魔なので省略。

完成。
屋根は脱着式なので、距離センサーと振動センサーを組み合わせた、衝突防止システムと載せ替えできるようにするつもり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状

2015-12-20 23:39:04 | アート・文化

週末は実家で年賀状作り。

お袋とその友人の3人分を印刷。
そのうち1人は、毎年凝ったイラストを描いてくださるので、スキャン後の印刷プルーフが大変。
まあ、プリンターを新しくして以降は、結構すんなりOKが出るので助かるが。
来年は申年という事で、五郎丸ポーズのサルだそうだ。

2日にかけて作成と印刷を終え、帰宅。
諏訪湖は凍る気配もないな。
今年は暖かい日が続いているので、御神渡りは望み薄そうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄文のビーナス

2015-11-01 21:16:33 | アート・文化

週末は雑用で実家へ。
今回は車で、松本からビーナスラインを経由して行ってみる。

松本から扉峠に上っていく途中。
紅葉も結構進んできたかな。

三城牧場付近から、美ヶ原山頂の王が頭ホテルが良く見える。

帰りはお袋の希望で、茅野の尖石遺跡で国宝見物をする事に。
まずは清春美術館向かいの北杜市郷土資料館に寄り道。

甲州街道の歴史をテーマにした、色々な品を展示中。

お次は、蓼科自由農園の八ヶ岳店にあるレストランで昼食。
きのこクリームパスタ美味い。

茅野にある、尖石遺跡の縄文考古館へ。
ここには遺跡の出土品が多数展示してある。

国宝、縄文のビーナス(実物)。
ビーナスラインの名前の元になったとか。

こちらは、今年国宝に指定された、仮面の女神(実物)。
何とも不思議な造形だ。

外には竪穴式住居が復元してある。
寒くて不便だったと思うのだが、この辺りには、古代から多くの人が暮らしていたんだなあ。

最後は蓼科高原にある、バラクライングリッシュガーデンへ。
この週末から11/3まで、長野県民デーで無料だそうだ。
とはいえ、庭園には花が殆どなく、かなり寂しい雰囲気。
まあ、ショップやレストランのために、無料で集客しているのだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真教室

2015-07-11 23:07:12 | アート・文化

今日は組合主催の写真教室に参加してみる。
なにしろ、タダで軽食が出るらしいので、どちらかというと、そっちが目当てだが。

松本市内の四柱神社前、女鳥羽川に架かる橋を渡った向かいに、今日の会場が。

おきな堂。昔ながらの洋食屋だそうだ。

今日は久しぶりに晴れて暑い。
早速中へ。

講師は、組合の広報誌でカメラマンをやっている方。
テキストもお手製らしい。すげぇ。

テキストに従って講義。
普段ブログの写真はプログラムオートで撮ることが多いんだけど、もっと工夫しなきゃなあ。

テーブルに置いてある小物類を使って練習。

山盛りのパスタが来ました。
テーブルごとに取り分けるんだけど、この席はマダムが多いので、結構取り分が多かった。
皆さん遠慮してるのか猫被ってるのか。
まあ、野郎ばっかりの席じゃなくて良かった。

カツサンド。うめぇ。

シャッタースピードを遅くして、油滴を流して撮ってみた。
ダラー。

パスタ終了。
ナポリタンは懐かしの味。
だがスモーキーなベーコンが結構入っていて、美味かった。

デザートはチョコケーキ。
軽食と言いつつ、結構ガッツリ食べてしまった。
満足。

講師の私物らしいコレクションの数々。
参加者の使っているカメラは、当然ニコキャノが殆ど。
後はオリンパスとPENTAXが少々。
SONYは私一人だった。
もう少し居るかと思ったんだがなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大鹿歌舞伎

2015-02-14 23:04:17 | アート・文化

実家の近く、須玉町で大鹿歌舞伎を上演するというので、お袋を連れて見に行ってきました。
何故に須玉で大鹿歌舞伎?というと、長野、山梨、静岡にまたがる南アルプス一帯が、ユネスコエコパークに認定された記念行事の一環らしい。

今日の演目は、奥州安達原三段目 袖萩祭文の段 という奴。
平安時代、朝廷方の源氏と、父を討たれ、敵討ちを誓う阿部氏の兄弟が戦う話。

大見得を切ったり、早変わりもあったりと、中々面白く観劇しましたよ。
カメラ撮影可だと思わなかったので、スマホで撮影したため写りはいまいち。

出口でお見送りの、大鹿村さくらの女王様と、ゆるキャラ二体。
大鹿村は去年の秋にバイクで通過しただけだけど、今度は歌舞伎を見に行くのも良いかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加