Life is a how~《Forest Garden》 季節の始まりは山桜の開花が春を告げてくれます

自分を生かす!ファーストスクール開校。迷える子羊や老羊に捧ぐ。
出合えたその日がファーストスクール入校日。

履歴書の行方         《選択》vol.4

2017年07月10日 | ファーストスクール

(西側、北側に森林があり、防風林の役割を果たしている)

 

先週の月曜日に、就活を開始した。電話で面接日を予約し、金曜日に初面接の予定だった。それまでの間に履歴書作成、ファーストスクール始動等あり、なかなか忙しかった。

金曜日当日、担当者が面接の日程を変更してきた。明日の火曜日が初面接というわけ。

だったが、一週間でテンション持続の限界に達した私は、求人情報紙から近い場所を選び、試しに電話した。

いくつかの質問の後、OKをもらい、明日朝面接後から研修に入るという。

????ちょっと、大丈夫??

何でもやってみなくちゃ分からない。

 

ここから本日のファーストスクールです。

《選択》

きっかけは森を買うにはお金というところから、始まった就活。実際、パートを始めても森が買えるほどたまらないし、間に合わないのはわかっていたが、行動してみようと思ったことが大事。

履歴書作成中に始まったファーストスクールを続行するうちに、今の私にOKを出してくれるところで働こうという気持ちが強くなり、職種もこだわらないことにした。

職種や待遇より、通勤時間、生活に変化をきたさないで、希望時間で働ける。そして、アプローチを試みたのが早朝からのパートのお仕事。

初めの一歩は踏み出すのに勇気がいるが、きっとその先には自分では想像できなかったストーリーが展開するに違いない。

このことは、キャリアを生かし、高待遇を求め、もしかしたら都会に逆戻りして、四苦八苦していたかもしれないなど、自分を追い込まずに済んだという意味では、当然の選択だったろう。

こういう経過は特に男性に多いかも知れません。

しかし、何も言わなくても染みついた経験や所作はにじみ出るもの。チームワーク作りの潤滑油になり、お役に立ちましょう。

早起きは三文の得という。

自分を知り、一歩を。

 

《逃がした何とかは》

さて、面接予定だった某社の担当者に、電話で明日の面接辞退を申し出ました。

こちらは高待遇をうたい、応募が殺到したかも知れません。

概して予定変更は、気をそぐもの。間延びすると噛み合わなくなります。

お互いチャンスを無くしました。先方はそう思ってないかもしれないところがちょっと残念ですが。

おかげで魂のこもったいい履歴書が書けましたが、ほとんど目にさらされることもなく、就活は終わるか。

写真も並にいいのが撮れました。ありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳をすませば~      ... | トップ | 余裕なし         ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファーストスクール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。