高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、ペットや風景の写真をアップしています。

氷河期の生き残り

2017年07月07日 | 峰の原の山野草
 峰の原高原には、様々な山野草が自生していますが、その中にカラフトイバラという、とても珍しい野生のバラがあります。樺太や北海道に生息していますが、本州では長野県と群馬県の一部の山岳地域でしか見られず、“氷河期の生き残り”と言われています。今、その花が見ごろを迎えています。


↑これがカラフトイバラ。




↑長野県の絶滅危惧種に指定されていて、長野県では菅平周辺と霧ヶ峰にしかないそうです。





↑ハマナスを小さくしたような雰囲気。


↑アヤメも草原のあちこちで咲いています。


↑キバナノヤマオダマキ。


↑ヤグルマソウ。


↑ウツボグサ。止血作用や治癒促進作用があるとされ、古くは外傷薬として利用されていたそうです。


↑ヨツバヒヨドリやノアザミも咲き始めました↓
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭めぐりの旅 | トップ | Closing up the flowers »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む