家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

施主の心構え

2005年01月01日 | 家について思ったことなど
 口幅ったいが、私は「施主のあり方」のようなものを意識している。
 特に注文住宅で、「お客さん」のような姿勢でいると、家づくりの楽しさは半減するし、被害者意識も芽生えやすくなるのではないかと私は思っている。

 家づくりというのはン千万円を投下したプロジェクトだ。そのプロジェクトの最高意思決定者は誰あろう施主である。会社で言えば創業社長かCEO(最高経営責任者)に相当する権限を持つ。赤瀬川原平氏は著書「我輩は施主である」で、施主を「国王」に例えていた。プロジェクトがうまくいかなかった場合、施主にだって責任があるのだ。うまくいったなら、施主の功績でもあるのだ。
 私は、社長が会社を経営するのと同じような心構えで、施主は家づくりに臨むべきだと考える。ダメな社長の会社がダメになるリスクが高いように、いい施主でないといい家にならないリスクが高まると思っているからだ。

 施主のHPなどで、施工途中の細かなミスや行き違いを被害者然として語っている例を見かけることがある。欠陥住宅がこれだけ騒がれている時代なので気持ちはわかるが、そういうのを見ると、もうちょっと別の書き方をした方がいいのではないかと思うことがある。
 なぜなら、施工者は施主が選んだプロジェクトのスタッフなのである。途中でうまくいってないことを世間に吹聴するということは、社長がプロジェクトメンバーの社員を公衆の面前で、さらしものにしているのに近い行為のように見えるのだ。
 記録的な意味合いでHPに出すのなら、「チェックを入れた部分」として紹介し、「次回、修正・対処するよう指摘した」などと、淡々とした説明文で十分ではなかろうか。それをいきなり、「ショック。信頼していたのに・・・」などと書かれたら、悪気のない施工者は相当滅入ると思う。
自分の仕事を公衆の面前で社長にそんなふうに評価されたらどのように思うだろうか? 部下を信頼していないのに加え、おろおろしている印象を与え、二重の意味でよろしくない。プロジェクトが終了していない段階でこれをやったら、さらに事態を悪くする。
 
 家づくりで、施主が施工者のダメさ加減を嘆いていたって事態はいっこうによくはならない。 もし施工者の腕が未熟、という現実があったとして、その原因を探ると、施主が施工費を大幅に値切ったことにあったとしたら、それは人ごとではない。施主側に、資金と人材の配分をミスした事業者としての責任部分もあるはずだ。

 もっとも最近は、ハウスメーカーという巨大な住宅の供給者がシステマチックな家づくりを提供するようになったので、施主サイドは自然にお客さん的視点に馴染まされてしまっている。
だから、いい家にしようと意識すると、事業統括者としてではなく、厳しい消費者のような対応になってしまうのかもしれない。

 幸いにして私は、設計事務所と工務店と、手作り感のある家づくりを進める形式を選択できた。当事者としての施主の立場を満喫しない手はないように思っている。
自分の事業である、と考えているからこそ面白いということはあるはずだ。「国王」赤瀬川氏は家づくりを思い切り楽しんでいた。

 我が家は竣工にだんだんと近づいている。
引き続き、楽しく前向きに家づくりに臨みたい。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹賀新年 | トップ | 建てたのは誰か »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます (chiezokun)
2005-01-04 13:13:40
今年も良い年になりますように。



引渡し日が決まりました。

今月の21日の大安です。

引渡し後は月末の引越しに向けて忙しくなりそうです。

家にはおチビがいるので、中々引越し準備もはかどりそうにありません。



年末にはお姉ちゃんの水疱瘡が移って寝込んでいた為、大掃除もほとんどできませんでした。

引越しが近いとはいえ、見逃せない汚れがあちこちあって、雪の降る中、凍えながら窓拭きもしました。



明日からぼちぼち引越し会社の見積もりです。
いよいよですね (garaika)
2005-01-04 14:50:51
chiezokunさん、引越し日の決定おめでとうございます。

いよいよですね。



ウチの方は、外壁もまだ、という段階でして、とても引越し日のことなど決められるような状況ではありません。

その分、長く家づくりを楽しめると思って自分を説得しているところです。



ウチの地方は雪ではなく雨でしたが、そちらは雪が降ったのですね。大掃除、大変なことでした。

十分に体調を整えてからお引越ししてください。
建主の心構えに賛同します。 (gisei asazuma)
2005-01-05 11:34:56
はじめまして。建築プロデューサーをしております朝妻です。

「施主の心構え」にとても共感いたしました。

私たちもgaraikaさんのような施主と巡り会えるととてもやりがいがあります。

そこで一言



「分からないから任せるよ。」



任せることを決めたのが自分であるなら

任せた結果の責任も自分にある。



-建築家との家づくり 心得帳- より

恐縮です (garaika)
2005-01-05 12:29:41
gisei asazumaさん、はじめまして。

住宅業界に身を置く方から、初めて投稿していただきました。



建築家と組んだ家づくりは間違いなく面白いです。

そうした楽しさをぜひ普及させてくださいね。



すべての仕事に当てはまることではありますが、家づくりというのは「人」が重要ですよね。どんなに優れた素材とか工法を導入しても、関わる人間次第でとんでもないものになってしまいますから。

施主は総じて、家のプロを見極める能力に自信がないです。だから、システマチックなハウスメーカーに流れてしまうように思います。

どのような人々と家づくりをしたらいいか、プロの立場から施主達を啓蒙していってください。



それはそうと、HPの方を見させていただきました。

駿河意匠さんと組んだお仕事をなさっているのですね。

私は、新居のダイニングテーブルにどうかと、駿河意匠さんの「たかひく・むく」を候補にしております。



たかひく・むく (gisei asazuma)
2005-01-06 17:49:12
どうも!朝妻です。



「たかひく」はいいですよ!

サイズもオーダーできますし。



それでも、どんな家具でも必ずご自分の目と体で実際に体験してから買うことをお勧めします。



家具は「家」と違って実物の比較検討ができるのですから。

見ました (garaika)
2005-01-06 19:18:16
朝妻さん、アドバイス感謝です。



実は、すでに「たかひく・むく」を見に行ってます。オーダーについても聞いてきました。



私は気に入っていますが、現在、もっといろいろ見てみたいという家族と意見を調整中といったところです。





施主のあり方 (m-louis)
2005-01-08 16:16:57
正月気分はすっかり抜けた頃となりましたが、明けましておめでとうございます。完成まであともう一息といったところでしょうか? 楽しみですね。



今回はここで自分のことを取り上げてだらだらコメントしてもと思い、トラックバックという形を取らせてもらいました。今年もどうぞよろしくお願いします。
こちらこそ (garaika)
2005-01-09 07:41:26
m-louisさん、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



実は新年に入ってまだ現場を見ていません。

年末年始は現場は保全のため侵入できないようになっていましたし、この週末は妻と子供が上京してきて戻っていません。進捗を噛み締めるまもなくこうしてBLOGを更新しているありさまです。



m-louisさんのエントリ、するどい指摘があり、そちらにコメントいたします。

コメントを投稿

家について思ったことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
新年所信表明 (谷中M類栖)
garaikaさんの「施主の心構え」というエントリーを読んで、谷中M類栖でもブログに対する考え方、今後の進め方を改めて所信表明してみました。
良い施主・悪い施主 [住まい作りの三角関係] (『華門楽家』建築奮闘記録)
先日ALLAboutのコーナーに載せていただいてから、 そのほかに紹介されているサイトを隈なく閲覧してみた。   すると、建築家:瀧浩明さんのHPに 「施主について」というのが書かれている。   最初の一文から 「建築は施主の善し悪しによってよくもなる