家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欄間を見直す――光、風、温度の共有

2004年11月16日 | 我が家のスペシャルな仕様
 欄間というと、和室によくある木彫りのものが思い浮かぶ、あれはあんまり好きな方ではなかった。
 古刹や旧家の欄間を見てすばらしいと思ったことはあるが、現代の家の中で見る木彫りの欄間は中途半端な作品に見えてしまうことが多い。精魂傾けたという気迫は感じられず、同じ図面で形だけ整えるような職人仕事になってきているせいかもしれない。
今でも精魂傾けた仕事をしている木彫り職人さんもいることだろうが、一般の家ではそういう仕事になかなかお目にかかれない。

今や欄間が単なる「飾り」と化してしまったせいか、居心地悪そうに収まっている感じも受ける。
本来、欄間には機能がある。風を通し、光を採りこむ。
しかし、現代においては欄間の機能があまり生かされていないことの方が多いようだ。

実は、私は自分の家づくりにおいて、当初、欄間のことはまったく意識していなかった。
「続き」の和室は作る予定は無いし、冒頭述べたように、いい仕事をした欄間など導入できないと思っていたからだった。

ところが、
建築家から上がってくる図面がだんだんと詳細になってくるにつれ、「欄間」の存在に気が付いた。
 木彫りのあの欄間が描き込まれていたのではない。何も無い「欄間」がそこにあった。
鴨居と天井の間に空間を開けてあるだけのもの。装飾を考えず、機能だけを取り込んでいる。

 欄間の機能はいい。家の中を空気が流れる。視線は防ぎつつ、部屋と部屋とで光と風、そして温度を共有するのだ。
 図面をじっくりみていると、効果的に欄間を配置してあることがよくわかる。
南側の壁から北側の壁までの間は、内壁があっても欄間を設けて、南北方向に風の通り道が作ってある。造作の本棚を壁にして上部を欄間にしてあったりもする。
 欄間で問題になるのは「音」。したがって、音を共有したくない寝室間の壁には欄間はない。そしてその壁は南北に対面するように位置していない。
 プロの設計技術を感じることができた。

一点だけ、欄間のデメリットを指摘しておくと、欄間の底辺(鴨居等の上)にはホコリがたまるだろうということ。風の通り道だから、それほどはたまらないとは思うが、目につかない場所だけに、いつのまにかほこりがたまってしまうこともありそうだ。
たまに掃除をすることをわすれないようにしたい。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現場の様子 11/14 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空間認識 (ノアノア)
2004-11-16 23:22:34
garaikaさん、こんばんは。

またまた「うちも、いっしょだ-」という話だったので、書き込みさせてもらいます。

我が家にも、欄間的空間は、何カ所かあります。

その他にも、プロの設計技術を感じるものとして、我が家の場合、下足箱下の空間、階段下の空間、和室の雪見窓、キッチンの造作家具上の照明等々あげられます。

建築家さんが、機能面だけでなく、あらゆる面から空間認識して設計をしてくださっていることが、実際に家が完成に近づくにしたがって、実感として分かってきている今日この頃、の私です。

プロの設計技術 (garaika)
2004-11-17 11:46:21
プロの設計技術を感じることは多々あります。

採光、通風、収納、照明の工夫などは、つい「にんまり」してしまいます。

こちらはまだ図面でそれを感じることが多いですが、ノアノアさんのところはリアルな形が現れてきているのですよね。うらやましいです。

欄間を介して (m-louis)
2004-11-17 17:29:59
ここのところ、ここが一番楽しみなブログになっております。

今回の欄間論に触発されて、据え置きのままにしていた欄間を介した話を自分んとこのブログでも書いたもので、トラックバックさせていただきました。

そしたら、どうも初トラックバックだったようで、、何だかしてはいけない禁忌を犯したような、ちょっとうしろめたい気分です(笑)



ところで古い家屋の方には古い家だからこその欄間はなかったのでしょうか? より古い方を残されるということのようですので、なかなかそこにあるものの再利用というわけにはいかないでしょうが。。
トラックバックの快感 (garaika)
2004-11-17 18:40:21
初トラックバックがm-louisさんで光栄です。



トラックバックのお手本のような投稿で感服しました。



当方のblog楽しんでいただけているというのはホントうれしいです。



m-louisさんの「欄間」は写真で見ただけでも職人の技が伝わってきます。

そうなんですよね。欄間は木彫りじゃなくてもこういうものがあるんですよね。

m-louisさんのblogに賞賛のコメントをつけようと思います。



ウチの古屋の方なんですが、「続き」の和室になっていないせいもあって欄間はもともとありません。

m-louisさんが再利用している古い部材は江戸の職人によるものでしょうか。すばらしいです。



続・欄間 (m-louis)
2004-11-19 01:34:53
先日、発刊された『ブログの力』という書籍でトラックバックの手本扱いされた m-louis です(笑)

でも、実は私自身も建築そのものの内容レベルで余所のブログエントリーを取り上げ、トラックバックしたのは今回が初めてでした。



garaika さん旧宅には欄間はなかったんですね。

築55年とのことで私の元実家の築60年とほぼ同時期かと思いましたが、ちょうど戦争を挟むので数年の違いでも時代状況が大きく異なるのかもしれません。

ちなみに我が家の欄間等細工は明確にどの職人に依頼したのかといった資料は残っていないのですが、家の設計から意匠デザインに関しては日本画家(無名ですが)だった祖父が行いました。昭和14年築ですので、とりあえず昭和の職人仕事であることは間違いないと思います。

コメントを投稿

我が家のスペシャルな仕様」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
欄間を介して (谷中M類栖)
石、求ム!(※) でコメントされた garaikaさんのブログ「家づくり、行ったり来たり」が面白い! 11/16(火) にエントリーされた「欄間を見直す──光、風、温度の共有」では当初想定外だった欄間が建築家からの提言(提図と言うべきか?)により再考され、そこから「プロの設