Weekend Camera

カメラ弄りが好きな50代。赤城自然園マニア。

シグマ 35mm F1.4 DG HSM が来た

2013-06-29 | 日記

カメラグランプリ2013でレンズ賞をとったSIGMA 35mm F1.4 DG HSM。

どんなもんじゃいと調べてみたら、これがなかなかスゴイようで、ドキッとするようなシャープな写真が撮れるようです。

といっても、お値段がアレなのでどんなものかと調べるだけでいたのですが、運良く安くオクで入手できたので

自分への誕生日プレゼントで買ってしまいました。

派手さのない漆黒のボディ、燦然と輝くシグマ・アートラインシリーズの「A」マークが控え目でカッコイイです。

ちなみに上下の写真は間に合わせのFUJI F200EXRで撮ったのでザラッザラです(苦笑

 

 ま、サブ機のKissX4を買った時点で、手持ちのEF40mmF2.8STMでは写りは良いが画角(64mm)が狭く使いにくい。

もう少し広角気味のレンズが欲しくなるスパイラルにはまってしまい、フルサイズにも使える28mm,30mm,35mmでいいレンズないかと気にはなっていたところにレンズ賞の記事を見て知ったのです。

40mmがあるので35mmは避けて28~30mmにしようと思っていたのですが、画角が近くても「ほかのレンズを買ったら絶対後悔する」という結論に達しました。

その結果、上のようにKissX4はEF24-105mmF4Lがつくという豪華仕様になりました(笑)。

というのもSONYα200の時の経験で明るい場所ならAPS-Cとフルサイズの画質は「素人目には差がない」と思っており、性能の良いレンズをつければ画質が向上することを経験しているからです。なので、本当はKissX4でも使いやすい「28~30mmの単焦点」が良かったのかもしれませんが、結果オーライということでEF40mmF2.8STMは気軽なスナップ用に防湿庫の隅に置いておきます。

 

ということで、午後3時過ぎですが、紫陽花でテスト撮影してきました。

カメラは EOS6D+35mm F2.8 DG HSM   ,  EOS KissX4+EF24-105mmF4L(35mm換算38-168mm)を使用。

 

35mm F2.8            F1.4だと被写界深度が狭すぎて見にくくなりましたので。 

 

35mm  F1.4       最短撮影距離。ピントの合う範囲が横の帯状になっていますが、いかに狭いかよくわかると思います。

 

中央部分トリミング

 

 

35mm F1.4

 

中央部トリミング

 

 35mm F1.4      下の写真と比較用に撮りました。

 

 EF24-105F4L  F4     よく言われますが「F1.4レンズはF4でも撮れるが、F4はF1.4で撮ることはできない」

 

35mm F4  対象があまりボケすぎるのも好きでないのでF4です。 

 

中央部トリミング     まるでお菓子のようです。

 

EF24-105F4L     F4   同じF4でもAPS-Cとフルサイズのボケ方の違いがよく分かります。

 

中央部をトリミング   全体がはっきり写っています。APS-Cの方が被写界深度が広くなるようです。 

APS-Cに慣れてからフルサイズに移行すると同じ絞り値でも被写界深度が違うのに戸惑いました。

 

EF24-105F4L   F4   

こうやって見くらべるとEF24-105F4Lはと35mm F1.4 DG HSMは撮る写真の志向が全然違うことが分かります。

 

F24-105F4L   F4  このレンズの良いところは最小絞りF4からくっきり撮れることなのでしょうね。ちなみに夕方の曇天で薄暗い状態の撮影です。

 

35mmもF1.4で撮ったのですがぶれてしまったので載せませんが、こういうものはEF24-105F4Lのほうが撮りやすいです。

同じ立ち位置で撮り比べたのですが、35mmF1.4DG HSMでは象全体が入ってましたので、35mmと38.4mmの差は大きいようです。

 

 35mm    F1.4   

手持ちだと柱頭にピントを合わせるのは超難しいです。最短焦点距離撮影は三脚かせめて一脚は必要です。

F1.4のカミソリの刃のような被写界深度の狭さはカメラの構え方、シャッターの押し方次第で天と地の差が出るようです。

 

 

 

ということで、画質についてはEOS KissX4も決して負けてないことがわかると思います。

そしてX4に35mmをつけることもできますが、レンズが665グラムもあり重いため、軽量なKissX4につけるメリットは無く、EF24-105mmF4Lの方がボディ性能を引き出すと思います(自分は広角をあまり使わないこともあります)。

またAPS-Cはフルサイズより被写界深度が広がりF1.4の効果をスポイルするため、やはり35mmF1.4 DG HSMはフルサイズで使ってなんぼのものだと思いました。

 

 

『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルサイズとAPS-Cの300mm比... | トップ | チャツボミゴケ公園 中之条... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。