大容量太陽光&ビルトインガレージの家

2014年レオハウスで大容量太陽光とビルトインガレージ(インナーガレージ)付の家を建築。家の庭に家庭菜園も開墾しました。

プランターの土の再生

2017-05-15 06:43:56 | 庭の畑で家庭菜園
昨シーズンから溜まって来ている花や野菜を植えていたプランター。
そのまま干からびた様になっていたのですが、プランターの土の捨て方が良く分からないので土は再生してプランターを使えるようにする事に。
こういう土の処理って困るんですよね。


まずはガビガビになっていた土をザクザク掘り返して出来る限りで前に植わっていた花や野菜、雑草の根っこを取っていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古い土を再生できる♪古い土の再生材5L 用土価格:810円(税込、送料別) (2017/5/14時点)


で、こういった土の再生材を投入。
土の再生材には園芸の土に必要な肥料等が全部入っているとの事。
プランター一つに1L位の土を混ぜるのが適当な様です。


畑の為のバーク堆肥などもあったので土の再生材に加えてバーク堆肥や化成肥料も混ぜ込んでみました。


これをよく噛み混ぜてプランターの土の復活?
早速買って放置していた花の種や先日撒いたアスパラガスの種の余り、近くに勝手に生えて種が出来ていたチンゲンサイの種などを撒いてみました。



それから1週間。早い物は芽が出てきました。
今年は残っているプランターも土を入れ替えてプランターもフル稼働させようと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃがいもの芽かき | トップ | トウモロコシ再チャレンジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む