ガレージライフ

バイク 時計 車 アウトドア 日常のあれこれと

シュラフの話でも

2017-04-29 19:50:01 | 道具
5月3日からのゴールデンウイークの天気は
今のところおおむね良好
なんか妄想通りの展開ができそうな感じ

で~ちょっと寝袋の話でも
ワシの使っている寝袋
左から
イスカアルファライト1000
モンベルダウンハガー3
同じくダウンハガー5


アルファライトはウインターモデルで
-12度まで使用可って表示だけど
通常はせいぜい0度付近


この中にモンベルのダウンハガー5を入れて
外側に毛布を巻き付けると
―20度付近までOK 実証済み

ツーリングにはダウンハガー5でもいけるのだけど
5月と9月~10月はちと厳しい(寒い)
なのでダウンハガー3を使用


これから北海道ツーリング用にシュラフを買おうと思ってるなら
ダウンハガー3をおすすめする
ただ7月中旬から8月中旬は暑いと感ずることもあるが
そんな時はシュラフの前をあければいいので
寒くて寝られないよりはずっと良い

次に化繊とダウンはどちらが・・
暖かさではどちらも同じ
パッキングサイズは圧倒的にダウンの勝ち



価格は高いけど 絶対にダウンがおすすめ
だだし水濡れにはめっぽう弱いので
そこだけ注意
(まあ 化繊もぬれりゃおわりですけど)

次に実際のツーリング時のパッキング

写真奥
イスカのマット サイズ165cmなんだけど
失敗したもっと小さいので良かった
ワシなら120cmでも十分
イスカ、モンベル、プロモンテなど
銀マットでも良いけれどパッキングサイズと
暖かさはこっちが上

写真 中
モンベルコンプレッションバッグS

写真 下
モンベル防水袋 20L
シュラフだけなら15Lでも良いが
ヘルメット袋にも使うので20L

一度テントにアリが侵入してきて
それがヘルメットに入り
走ってる最中に 顔に降りてきて
パニクッった 高速なら危ないわ
それからはテント内でも
ヘルメットは必ず袋に入れている

イスカのマットをモンベルの枕で包む


それをシュラフで包む


マットがセンターに入るよう
コンプレッションバッグに入れて
周りにシュラフを押し込む


収納


ベルトを締めて完成
ダウンハガー5ならもっとコンパクトになる


さらに防水袋に入れる
ケースやバッグ全体に防水カバーを付けるより
荷物を防水したほうが楽


パニアケースに入れ
ヘリノックスの椅子を入れて完成!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾンその後 | トップ | MSRの調味料入れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。