ガレージライフ

バイク 時計 車 アウトドア 日常のあれこれと

2017年ツーリング3回目(6月17日から18日)歌登

2017-06-22 12:58:25 | ツーリング
さて今回は晴天 気温は18度~25度付近とツーリング日和
性格がひねくれものなので
出来る限り国道を通らず
国道12号と275号の間にある
裏道 農道 生活道路的なとこばかり選んで走る
つながってないので
田んぼの中を90度に曲がったりと
けっこうややこしい道
雨竜町から妹背牛町 秩父別町とぬけて
ここからは国道275号を走るが
車は極端に少なく ワシ好み

美深町に13時ころ着いたので
昼飯をと井上食堂に入る

ここはソフトクリームとか
ラーメンとか有名らしい


入ってみるとお客さんが
ワシ以外に3名
で・・・どの席にも
食べ終わった食器があって
座れない

あと・・・
いらっしゃいでもなく
無視状態

地方のお店にはよくある事なんで
特に気にしなかったが
注文して良いのか ダメなのか??
メニューを見たけど
何が何だか わからん状態



おそるおそる
カウンター越しに厨房へ
ワシ
「あの・・味噌ラーメンください」
お店の人
「人気ある味噌ラーメンでいいですか」
ワシ
「はいそれでお願いします」
返事してから思ったけど・・
人気のある味噌ラーメンと
人気のない味噌ラーメンがあるなら
いっその事人気のないほうを頼めばよかった笑

ほどなくして
人気のある味噌ラーメンがこれ


ニンニク、ショウガ・・
あとなんだっか忘れたけど調味材料
トッピングが別盛りになってる
豚骨白湯系スープで味はまあおいしい

でトッピングをのせて食べようとしたら
隣の人が
「〇〇大学の奨学金制度はいいでしょう
やっぱり人間は勉強しないとだめですよ」
と私の方を向いて話してきたが

見ず知らずの人だし
〇○大学ってしらないし
てっきりワシの後ろにだれかいて
その人に言ってるんだなと思い
振り向くと・・猫しかいない

結局ワシに話しかけていた
そこから ワシが店を出るまで
ずっと話し続けていた・・
なかなか個性的な方で
退屈しなかった 笑

次回寄ったら人気のない味噌ラーメンを
注文しようと心に誓って
バイクにまたがり 一路 歌登へ
まだ時期がはやく
エゾニュウ様は咲いていないが
ここもオオハナウドは咲いていた
(そんなに多くはない)

で・・歌登キャンプ場についてみると
黒エストさんが来ていた


金曜日からツーリングに出ていて
本当はもう少し北に行く予定だったが
ワシのブログで呼びかけられたのをみて
歌登へ来たとの事
内陸は20度付近だけど
オホーツク海側は10度しかなかったと言ってた

じゃ酒盛りね という事で
焚き火の準備を始めたら
黒エストさんが某所より入手した
焼き物アタッチメント
厚めの鉄板をレーザーか何かで
切断したもの
アマチュアにはできない すぐれもの
(これ なまらいいわ)
こんな感じで スノーピーク用を
作ったら売れそうな予感 笑


ワシの自作品と比較
(部品も少なく 理想的)


で2セットあるんで
1セットもらった ラッキー

さてまずはオードブルの
生ハムオニオンスライス添え マヨネーズ
を食べ


写真はないけど
ホッケ 牛肉 チキンのガーリック風味
などなど 豪華ディナータイムへと


池を覗くと
オタマジャクシに混ざって
ごく少数のサンショウウオらしきものが


焚き火を肴に酒をのむと
時間があっという間に過ぎていく
(ワシはこれがメインでツーリングをしている)
きれいな夕日が



ワシらの他には
キャンピングカーが2台だけだったので
焚き火のあとはセンターハウスへ移り
2次会へ突入(相変わらず酒盛り)

気が付くとセンターハウスのゴザの
上に寝袋をしいて寝ていて
ぐっすりの寝たらしく
すがすがしい朝を迎えた


ちょっと今日は家の用事があるので
ここで黒エストさんと別れ
一人家路につく
美深町に入る国道との交差点は
感知式信号なのを忘れて
センサーの下を通らず停車

後ずさりして
センサー位置を探す
その時 ワシの前を
一人の男性が横切る
年齢は60代後半か?
その人は押しボタン式の手押し信号を
押してそのまま 渡らずに歩いていった

ああ ワシがセンサーの位置に後ずさりしているのを見て
親切にも信号押してくれたんだ

思わずなみだぐみ・・・はしないけど
感激

信号を右折し 反対側の歩道を歩いている
先ほどの男性に
「すいません ありがとうございました」
とお礼を言った
その男性は左手をちょっとあげ
にやっとしながら「おお」と一言・・・

文章にするとどってことないけれど
そのしぐさが 妙にカッコ良かった
ワシもあと5年もしたら
こういう男になろうと心に誓った
はははは

いつものトイレでちょっと休んで
あとはまたひたすら裏道で
札幌を目指す
15

しかしいつも裏道ばっかで
景色も変わらず 一瞬
歌登の帰り道なのか
襟裳の帰り道なのか
わからなくなる時がある 笑


今回の走行距離 617km


そういえば今回 2回ほど
クラッチ切ったらエンストした
ブスブスいうわけではなく
シュンっと切れるので
電気系のような雰囲気
なんだろうね

酷使された焚火台
熱で歪んできた


木片で一撃
直りました まだまだ使います
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日のいでたち | トップ | メッシュ焚火台のコンパクト加工 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒エスト)
2017-06-23 09:52:18
お疲れ様でした。今回、今年もぶよにやられましたーかゆい
ぶよ (なか)
2017-06-23 17:29:20
黒エストさん どーもです
ぶよにやられましたか~
寝てるときかな・・
あと5年もしたら刺されなくなりますよ~
笑 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。