ガレージライフ

バイク 時計 車 アウトドア 日常のあれこれと

ミニ風防と バリゴE7加工 NATOベルト交換

2017-03-20 18:08:23 | 時計・カメラ
前回ステーの塗装で中断していた 
ミニ風防の取り付けをした
全体のボルトを仮止め状態で
風防がセンターに来て 
ライトとの隙間が均等になるよう
ステーを微調整する
前回木型でおおよそやってあるんで
特に問題なく完了
(バイクを傷つけぬようにやるのが難しい)


完成 とても2057円とは思えない
あとは耐久性がどのくらいか
紫外線にあたると劣化するだろうけど
車庫保管なんでたぶん大丈夫かと


さて一度はあきらめた バリゴE7のベルト交換

問題点は
スントベクター用の替えベルト用の部品の
幅が合わない → スペーサーで解決
穴の位置が合わない 部品を削ると耐久性に問題
・・・ならば 部品を削らず 
時計本体ならどーだ・・
ということで 本体の取り付け部分を1mm程度けずる
どの部分を削ればよいのか 慎重に位置を探る


位置が決まったら
リューターで削っていく
削りかすと傷防止のため 
マスキングテープで養生


できるだけ少なく削っているので
スペーサー入れずともグラグラせず
きちんとセンターに収まっている
あと注意事項は取り付けビスにはねじロックつけたほうが無難


このブログのプロフィール写真は
スントコアをNATOストラップに変えたものだけど
コアはベクターのような取り付け部品単体での販売がなく
ベルトとセット販売のみ
たしか6千円だったか 8千円だったか・・
しかたがないのでベルトとセットで購入し
取り付けた・・・しかし~
ある日見てみると ビスが無くなっていて
で・・ビスを買おうとメーカーに確認すると
「ビス単体の販売はしていません。修理扱いとなります」
との回答・・

ベクターにはあるのに なぜコアにはないのか不思議
修理するにしても 送料など考えるとそれなりの金額
ということで またベルトとセットで買った
ベルト自体は3~4千円でヤフオクで売ったけれど
けっこうな出費だった ← アホ 笑

さて20㎜ NATO 装着


22㎜ NATO 装着


取り付け部分は ちょっとシワよって折れ曲がるけど
24㎜のほうがバランス良いかもな~
ヤフオクで24㎜物色中
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウイークその3(... | トップ | 予想どおりの出来栄え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。