心の軌跡

もうどのくらい続けてきたのかも忘れてしまったけれど・・・
「心の軌跡」は,私にとっては自分史のようなものです。

悲しすぎる うそ

2016-09-18 08:02:07 | 日記
先日

母の所に行った時に

母はこう言いました。

みんな食事の時にお菓子を持っていってる。私だけない。」


私は

すぐにスタッフの方に聞きました。

「こちらは食事の時にお菓子を持っていってる人がいるんでしょうか?」

「それは断じてありません。」とのお答えでした。


最近は

お菓子,お菓子と言うので

行く時にはおまんじゅうやシュークリームを持っていって

すぐに食べさせるのですが

それだけでは満足できず

食べたい時にいつでも食べられるように

お菓子を置いておいてと言うのです。

でも

自由に食べることは

今の体の状態では無理なんです。

誰かに取ってもらわない限り

自力では食べられないんです。

しかもほしがるものは

飴,カリント,はじき豆・・・

どれも喉に詰まったら大変なものばかりです。

「口の中で長持ちするから。」というのが

その理由ですが

それはあまりにも危険で

持っていくわけにはいきません。


自分のささやかな願いを

叶えてもらいたいという一心だと思うのですが

あまりにも悲しすぎるうそです。


そういえば

誤嚥性の肺炎で救急車で運ばれた時

水を飲むことが許可されず

でも飲みたくて

「先生が飲んでもいいって言った。」と

うそをつきました。

「通りがかりの人が飲ませてくれた。」とも言いました。

その時も

なだめるのに大変な思いをしました。



お菓子を施設に預けておいて

食事と食事の間に出してもらうということも

できるみたいなので

そうしようとは思っていますが・・・


昨日は

1週間ぶりに

父も一緒に行きました。

父が行くと

母は甘えて

やっぱりすごいことを口にします。

もう愚痴の域を越えている・・・

私は

聞いてて恐くなります。


だんだん母のことが・・・( 。-_-。)


ほのぼの日記ランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よかったです o(^-^)o | トップ | また »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母と娘 (tokiko)
2016-09-18 17:32:34
美味しいお菓子を、絵日記に書いてくるというのは、どうですか?
美味しいねと、お喋りしながら、
さらっと書いて、
書いたら、サインしてもらって・・・・。
さらっと引き上げる。


食べた過去を、絵で見ることで、感情の流れが、変わらないかなあと考えてみました。

   自分を変えることで
   母の心に寄り添う努力をしましたが、
   自分が潰れそうでした。

   それでも、母の命の鍵を
   自分が握っているという
   強迫観念みたいなものは抜けませんでした。

   苦しいですね。

ほんとうに苦しい日々です (gappo333)
2016-09-19 08:05:27
母の命を自分が握っている・・・
まさにその通りの気持ちで
いつも押しつぶされそうになります。
でも
母の顔を見,愚痴を聞くことで
誠に辛いことですが
母がどんどん嫌いになってゆくんです。
そんな自分がまた嫌になり・・・
その繰り返しです。

「絵日記」いいアイデアですね。
今度試してみます。(*^_^*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事