Day by Day

Maybe tomorrow will be good for Sky-Walkers.

R32

2016年10月19日 | Day By Day
RB26DETT だったかな。私のR32は現行のGTRと同じくらいかそれ以上の中間加速力はあったはず。タービンをニスモのメタル製に換えていたし、インジェクターの噴射容量もアップさせてた。ブースト圧1.5で500psオーバだった。220〜230kmまではアッと言う間だったかな。だいたい、たいてい、飛ばすときはそれくらいだった。それ以上のスピードを頻繁には日本の道路事情ではヤバイ。270kmほどは出したことあったけどね。そして、たとえば、同世代の911カレラ2と比べればどの加速領域においてもRの方がずっと速かった。カレラ2も以前にも増して優れたポルシェだったけどね。でも、300はどうだったかな? 今のなら出せるのかな。まぁ、街中でそろそろゆっくり走ってても、常にハイパワーが爆発を我慢してるのか、その低いうなり声みたいなものが車のそこいら中から噴出しているかに感じ取られた。そんな中でも運転してる分には楽しいこと以外何もなかったけど、助手席にいれば、なに?この車、、ってなにか違和感も持ったはず(苦笑)グリーンのキノコ型したエアクリーナも、アクセルの離した方に合わせて、ギャッ、ギャッ、ズコン!などと無遠慮に唸ってたしね(苦笑)マフラーはステンの大口径だったけど排気音はそううるさくなかったよ。そのまま車検通るほどだったから。ただ、パワーが車の内外そこいら中に充満しては、それを内にいる者にも周りの者にも主張するかに感じさせてたんだ。あんな車他にないよ。スカイラインGT-Rのことね。








私のは、このSPEED HUNTERSのRと似てた。これは純正のニスモのモデルだろうな。ニッサン・スーパー・モデル、で ニ ス モ ね(笑) 写真のタイヤは255ほどかな。車高落としててカッコいいな〜。速そ〜


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かわいたベーコン | トップ | 賄賂の意義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む