ガエル記(本・映画忘備録)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「ミニヴァー夫人」ウィリアム・ワイラー

2017-06-15 07:20:43 | 映画
戦意高揚のために作られたという作品だけど、じっくり練られた脚本で良質の映画作品であることは確かです。しかも爆撃を受ける場面は今まで見た中でも迫力ある怖さがありました。ミニヴァー夫人と名付けられる薔薇も重要な意味があるように思えます。

上品な演出なのに目が離せなくなってしまう…不思議です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ファウンド」スコット・シ... | トップ |  「メゾン ある娼館の記憶」... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL