僧侶のあれこれ(新)・・・・・願宗寺

旧ブログ http://blog.goo.ne.jp/gannsoji2012

寺法事と寺葬儀

2017年10月24日 | 日記
ご自宅での法事が困難になってきています。
理由としては核家族化が進んでいることもあり事前準備が困難になっており、また地域によってはお斎の費用など、経済的に大変である。
などのが大きな要因になっております。

現場にいる僧侶だからこそわかることがあります。

このような現状を認識したうえで、数年の準備を重ね、昨年より願宗寺ご門徒にご法事は本堂でまたお斎は庫裏でとのご案内をいたしました。
結果、今年度は8割の法事はお寺でお勤めされるようになり、お斎も同様に庫裏でされています。

信心も大切なことでありますが、それらの行事をお勤めするにも経済的なことも考えなくてはいけません。
庫裏お斎は最低2000円よりご用意できお酒などの飲み物代も含めて一人3000円くらいで充分です。
上記方法は今年度後半から浸透し始め9.10.11月の法事はほぼ100%寺法事になっております。
お斎なしの法事も3割くらいはあります。


近年、終活が大きな問題となっており、僧侶から見てもあまりにも葬儀費用は高額になっております。
色々な業種が葬儀関係に参入してくる理由は、大きな利益が出るからです。

普通の葬儀でも120万位から、家族葬でもやはり同額に近いくかかるように各葬儀社は設定しています。

願宗寺の本堂葬儀は葬儀社に協力をお願いしますが、祭壇など高額の物は一切使いません。
葬儀社はご遺体搬送、納棺式、通夜葬儀司会、行政手続き(火葬)、献花手配などを行います。
有難いことにこの趣旨を理解して協力的な葬儀社もあります。(葬儀社としたらもうからないのですが)

結果、葬儀社には20~35万前後の支払い。寺院側には僧侶2名分法礼、本堂使用料を含め33万となり、通夜、忌中お斎代を含めても総額70万円以内で済むようにしております。

この方法は大変好評であり、とくに東京の願宗寺ご門徒には完全に浸透しています。詳細はホームページをご覧ください。

地元でも半数は寺葬儀になってきており、ご本人の予約?遺言?もいくつかは頂いております。

ご遺体搬送  枕経


お通夜、葬儀荘厳







お斎会場 夏仕上げ








お斎会場  冬仕上げ








本堂も含め全館冷暖房完備であり空調環境も整っております。

本堂葬儀は90名まで可能ですが、駐車場は25台分であり実質家族葬が中心とお考え下さい。

お斎会場は24名、お通夜お夜食は48名定員となります。


またお壇は家庭事情によりご自宅に作らずお寺でご遺骨を35日、49日法要、満中陰法要までお預かりも可能です。

新しいお宅はお墓を建てられるまで共に無料でお預かりご安置しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞土曜版

2017年07月29日 | 日記
昨夜四男と二時間電話で話した。
こんなに電話したの生まれて初めて。
本日、日野原先生の葬儀が聖路加国際病院葬で行われる。
朝日新聞土曜版に最後の連載が載っていたけど
自分の死期をを悟った文章でした。

息子の日野原先生の思い出というか感想は
ある学会で上智の教授に連れられ日野原先生に紹介された時
日野原先生は車いすから立ち上がり、両手で握手してくれ、頑張りなさい。と

子供扱いされてもおかしくない自分に105歳の先生が立ち上がり挨拶してくれる
器の大きさに足が震えたと言っていた。

その学会の理事長選挙が8/9にあるけど
今のところ二人の一騎打ちでガチの戦いらしい。
二人ともこの研究所での恩師。もちろん四男なんかに投票権はないけど
世俗はやはり大変だ。

お盆帰ってくるか?の問に休みは11日間あるけど残った仕事するから帰れないと。
もう4年お盆は帰っていないな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高田仏教会会長就任挨拶  新潟県仏教会 県仏通信掲載

2017年07月11日 | 日記
下記の文章は
新潟県仏教会より高田仏教会会長に就任時に県仏通信に掲載されたものです。
2017年2月号

現在は新潟県仏教会副会長、高田仏教会会長をさせていただいております。


新潟県仏教会理事に昨年就任しました高田仏教会(118カ寺構成)会長の西脇真成です。
歴代役員の意思を尊重し、また仏教会の本分をわきまえて活動をしていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。
さて、寺院の将来の展望は決して明るいものでなく全国的に過疎化、地域格差が大きな問題となっております。
国でさえ解決できない問題を宗教団体が解決できるものではありませんし、
もはやこれはだれにも止めるられる事ではありません。
しかし人口減少を前提としての寺院存続対策は絶対にできるはずです。
そもそも、過疎化によっていったい何が一番困っているのでしょうか。
その本音を真剣に語らなければいけない時期に来ています。
現実を直視した時、私たち僧侶といえども経済を無視することはできませんし、
また経済的基盤があってはじめて布教活動ができることも自覚すべきです。
将来、後継者が宗教活動ができるように今私たちが変わらなければ手遅れになるほど寺院存続は深刻な問題です。
各宗派の宗勢調査の結果を平成二十五年に文化庁がまとめた資料を見ると新潟県では昭和三十七年には3.049カ寺、平成二十五年には2796カ寺と実に253カ寺が消滅しています。
比較期間は人口増加高度経済成長時期が含まれているにも拘わらずの減少で、
過疎化が深刻化する現在は急速に廃寺が進むのは明らかです。
次に自坊所属宗派、浄土真宗本願寺派平成二十一年宗勢調査によると寺院年収100万円以内が18.2% 100~300万円が25%で、近い将来三割近くが経済的理由で存続するのが難しいとの分析結果が出ています。
ちなみに本願寺派は約一万カ寺ありその三割とは恐ろしい話です。
また現実社会において直葬しかできない、遺骨放棄がある、一人暮らしになり法事ができないなどの事例に寺院は何ができるのか真剣に考えることも必<要です。
新潟県仏教会の活動の一つとしてこの様な問題を話し合う場を設けることも大切なことと思っております。
新潟県内の仏教寺院の繁栄を心より念願し新年及び就任の挨拶とさせていただきます。
                                    合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向かいのおばあさん

2016年10月03日 | 日記
当院では毎朝6時に梵鐘を鳴らします。
寝坊ができない理由の一つが向かいのおばあさんです。

鐘楼から撮った写真です。

おばあさんいつもありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つゆのまるこ落語

2016年09月15日 | 日記

久々の更新です。
地元には高田仏教会が半世紀以上にわたって地域の仏教伝道活動を続けております。
まず構成は旧高田市を中心に現在の市街地近郊の計118カ寺が参加しており
高田公園の観桜会会場釈迦堂管理、稚児行列主催をしております。
またこの事業の実施に当たり189町内の協賛をいただいております。
このような形態で仏教会を運営されているところは珍しく全国的に見ても例が無いと思われます。

11月22日高田世界館で ぶっちゃけ寺TVでおなじみの露の団姫 つゆのまるこ
の落語口演会を無料で開催いたします。
高田館は100年前の映画館として市の文化財に指定されており貴重なそしてレトロな建物です。最大240席の(立ち見を入れて)
小さな映画館です。

私事でありますが、
高田仏教会自体が巨大の為、若干の行き違いがあり会員ではありますが、役員ではない自分がなぜか理事会で選出され役員会で承認され会長に就任いたしました。
会員、役員各位の期待に応えられるように
歴史ある高田仏教会ですのでこれからの発展に貢献したいと思っています。

ポスターは役員会では正式承認得られていませんが3役には了承いただいています。
9/29の役員会の承認後、10/1以降郵便局、寺院を中心に貼っていきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寺での葬儀

2015年09月09日 | 日記
近頃の葬儀の総額は僧侶でもびっくりするようなものであり
本来の葬儀のあり方からかけ離れたものになっているようです。

仏教自体が葬式仏教と言われ批判されていますが、今や葬儀すら僧侶中心ではなく
葬儀社中心となっているようです。

また色々な業種が葬儀業界に参入していることから、いかに葬儀が利益を生むかということにもなります。

家族が亡くなるという事は、そう頻繁にあることではなく、だからこそ葬儀社のいいなりになってしまう
ように思うとともに、僧侶自身が物が言えなくなっているように思います。

願宗寺においては願宗寺所属の門徒方たちを守るということからも下記の葬儀の方法を広く提案しております。
このブログを読まれた方はそのような事態になった時に備えてお付き合いのあるお寺にご相談されることを
お勧めいたします。





願宗寺が提案する葬儀


葬儀の意味

仏教徒にとってお葬式は浄土に生まれるという新たな旅立ちのであり阿弥陀仏にその

ご挨拶をする為の儀式であります。

また故人との深い関係のあった方々が深い悲しみの中でも感謝の気持ちをもって最後のお別れをする場でもあります。



願宗寺が提案する葬儀

葬儀費用は近年の統計で少なくとも150万円以上といわれています。

そこで直葬が行う人々を多くなっております。

ただし、後々遺骨を納骨できなかったり、納骨費用が多額になったりすることがあります。

願宗寺では特に遠方の皆様に下記の方法で葬儀の方法をご提案しております。

直葬(遠方の方)

葬儀社に連絡し、火葬を行ってください。

ご遺体搬送を含め火葬終了までの費用は20万円以内です。

支払先は葬儀社でここまでは願宗寺は関与いたしません。

(僧侶の派遣を勧める場合もありますが、必要ありません)



近隣の方

ご遺族は葬儀社に連絡をして願宗寺本堂にご遺体を搬送してください。

また搬送時に納棺を済ましてください。



お通夜

本堂にてお通夜をお勤めを行います。

お夜食をご希望の場合お庫裏でご用意できます。

お通夜、お夜食終了後、お帰りいただきます。

お寺での宿泊はできません。



葬儀

上越市当寺院にお越しいただき(遠方)下記の内容で葬儀、忌中のお勤めを行います。

費用は本堂使用料、僧侶2名の法礼を含めて30万円です。

上記の通り焼骨(ご遺骨)になれば葬儀の日程は自由に設定できます。

焼骨本堂内陣に安置し葬儀読経を行います。



還骨法要

葬儀読経に引き続き読経いたします。

初七日法要

引き続き読経いたします。



お斎

寺院庫裏または必要に応じて料理屋となります。

寺院お斎の場合、一人3000円の予算で料理、アルコール類、ソフトドリンクをご用意できます。



以上にて葬儀すべてが終了となります。



以降の遺骨のご安置について

御壇を必要ない方はお寺で35日もしくは49日法要まで

お預かりいたします。



すぐに納骨することも可能です。





この方法の支出の概算

ご遺体搬送納棺・・・・・・20万前後  ※

通夜お夜食・・・・・・・・1名1500円前後

忌中お斎・・・・・・・・・1名2500円前後  

御壇・・・・・・・・・・・10万前後

僧侶布施(僧侶2名分、本堂荘厳)・・30万円 ※

坊守お礼・・・・・・・・・3万円 ※



上記で最低限必要なものは※のものだけですから葬儀社並びに僧侶の法礼も含めて53万となり通常の葬儀の半分以下となります。

納骨

願宗寺ではお墓を必要としない方に納骨堂への納骨をお勧めしております。

費用は24万円(永代管理読経を含む)







今回ご提案する方法は通常の葬儀に比べて一日短縮でき

通常家族が亡くなりますと7日から10日くらいは社会から離れざるをえませんが、上記方法であれば通常生活に早く戻ることができます。

細かく書きましたので難しいと思われる方もあるかもしれませんが住職がその都度

ご案内いたしますので安心してご依頼ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墓石撤去と散骨

2014年08月21日 | 日記
今日テレビでお墓の番組を見ましたが、なにか視点がズレている。
先日もお墓は西向きはダメとか・・・・・・
理由は西日!
住宅なら住みにくいかもしれませんが。
真宗は向きに関してこだわりませんがあえて言うなら
西方浄土なんですがね。

今日の番組は
お墓の撤去とお骨と墓石の処理についてでした。
お骨と墓石の処理
今は散骨もありますが、
自分の意思で自分のお骨をどのように処理しようが勝手ですが、墓石を撤去した先祖のお骨を散骨するとは。
その先祖はお墓を建てそしてそのお墓を代々守りそして納骨されてきたお骨です。
それを散骨し、またそれを引き受ける僧侶がいるとは驚きです。

そしてお骨は散骨しておきながら、墓石は砕くのが忍びないと業者に保管を依頼する。
いったいいままで何に対して手を合わせてきたのでしょうか?

大切にするものの基準が間違っているのではないかと思った次第です。
石がそんなに大切なんでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盂蘭盆会境内動画

2014年08月16日 | 日記
13日は午前9時より本堂でお勤めが有りが多くのご門徒の方にお参りいただきました。

毎朝6時梵鐘を突きますが、12日の朝5時くらいからお墓の清掃に見える方が多くなり
13日の朝は清掃のピークになります。

13日の午後から夜9時くらいまでは沢山の方がお墓参りに来られます。

動画は15日の夕方に撮ったものです。
この日はお花が供えられていないお墓にお経をあげます。
これはお盆でさえもお花が上がっていないお墓は無縁の可能性があるからです。


墓地管理費が納める方がいない(墓地相続者)場合でも縁類や遠い親戚がお参りにこられる場合があります。
願宗寺では第一墓地では無縁でも基本的には撤去はいたしません。
なぜならお墓を建てるときにその当時の住職と建てる願主との間で永代にわたり願宗寺がお墓を守るとの暗黙の了解があったと思っています。

利用者の中には邪魔だから撤去してくれという方もいますが、もし自分のお墓が50年先100年先にそのように言われて寺側が簡単に撤去したとしたらどうでしょう・・・・

住職はみなさんが気持ちよくお参りできるようにする管理者ですが、それと同時にもう物が言えなくなった人たちの側に立ってお墓を守って
いくのも大切な役割だと思っています。

また住職として無縁墓にならないようにできるだけのことをしています。
これで途絶えると分かっているお宅には合同墓への移転などおすすめしています。

また朽ち果てて中のお骨が見えるようなお墓は可哀想ですので一年間撤去する旨の告知を行い合同墓への再納骨します。

お墓の撤去に関しては10~20万円前後の費用がかかりますが、願宗寺では所有者に負担をかけないようにしております。
指定業者による無料撤去を行い、その空いた墓地に利用者が出た場合、その業者を指定します。

指定業者には自然劣化災害被害以外無料で補修をすることを条件に住職が指定しております。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上げ仏事

2014年05月07日 | 日記
お寺でご法事をお勤めすること上げ仏事といいます。

この地は元々農村地区(今は農地を持ってるお宅は5%位?)で
当寺のご門徒の80%位は元農家です。

農地がなくなったのは宅地化が進んだためで私が子供の頃は鴨島と近隣合わせて100軒前後でしたが今は数千の住宅地になりました。


各家の敷地も200~300坪と広く家も仏間を中心に襖を外すと30畳前後の
空間ができてご自宅でのご法事がほとんどでした。

少し前まではお葬式さえもご自宅で行えたくらいです。




しかしここ近年お寺でご法事をされる方が多くなっています。


理由としては

家の建て替えにより各部屋の細分化。
家は昔より大きいくらいですが、各部屋は壁で仕切られ家庭内のプライベート空間が増えているため、大人数を収容する部屋がなくなった。



準備が大変
ご法事のために障子の張替え、畳の入れ替えをするお宅さえあります。
また部屋の掃除、片付けなど大変な労力を必要とする。
全体の印象としては女性の労力軽減になっていように思います。
結局は女性が諸々の準備するわけですから。



みなさんもご法事についてお寺にご相談してみてください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役員会

2014年05月05日 | 日記
去る5月3日午後2時より願宗寺会議室にて平成26年度の世話人会を行いました。
訳あって連休中の開催となり、比較的年齢の若い役員は欠席が多く寂しい会議となりました。

世話人会議案
H25年度決算
H26年度予算案
今後の賦課金について

長期委員会
会計報告

出席者が少ないため席はコの字にせず机を寄せての会議となり、通常より柔らかい雰囲気で
穏やかな感じの進行でつつがなく会議は終了しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加