眼力Blog

日々刻々の時事を頼りない眼力で読み解いてみよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

独裁中国からの警告

2013年12月26日 | 政治

   だそうですwww

安倍総理が本日靖国神社に参拝されました。

安倍総理「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のこと」

遺族の方々、日本国民ともども歓喜に堪えません。

天皇陛下の御親拝の復活もぜひ叶えて欲しいものです。


>靖国参拝で対抗措置も=中国

 【北京時事】中国外務省によると、羅照輝アジア局長は26日、安倍晋三首相の靖国参拝について「両国関係に新たな重大な政治的障害をもたらし、日本側は引き起こされる結果を引き受けなければならない」と警告、対抗措置を示唆した。 (2013/12/26-12:45)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013122600347


中国や韓国の言い分なんてどうでもいいんだよ。

ほんとうに、いちいちうるせ~んだよー

日本国の内政に干渉して、脅しをかける独裁中国共産党。

靖国参拝は政治的なもんじゃない、勝手なこと言ってるんじゃない。

で、どんな対抗措置なんでしょう。

愉しみですね、とくとお手並み拝見といきましょうか。

総理の靖国参拝と中国と何の関係有るんでしょうか。

な~んも関係などありません。

総理が自国の英霊を敬うことを非難する中国。

国のために命を捧げた英霊を冒涜する中国。

こんなことを非難中傷する国は世界中で中国と韓国の2カ国しかありません。

中国、韓国は、そもそも自国の兵隊にも畏敬の念を持たないから、こういう因縁をつけるのです。

軍隊は自分たち支配者層を守るための道具でしかないんです。

そんな軍隊がお前等のために死をとして守ると思っているんでしょうか。

英霊を敬う気持ちを持たない国の軍隊では、兵隊さんは死んでも野良犬同然、浮かばれません。

こんな国の軍隊が修羅場の戦争など本当に出来るんでしょうか。

歴史的にも中国や韓国の軍隊は昔から戦闘意識がなく、いつも負けてばかり、形勢悪いとすぐ逃げ出す。

兵隊は死んでも国や人民には一顧だにもされないようでは、誰がまともに戦闘などするでしょうか。

昔から中国も韓国も、戦争で前線からいの一番に逃げだすのは最高司令官です。

だから、一兵卒の砲兵などは砲台に鎖で足を繋がれ逃げられないようにしていたとか。

南京陥落のときにトーチカ内で死んでいた中国砲兵のそんな無残な姿がありました。

それこそが中国軍による南京虐殺事件の真相じゃないんですか。

日本は絶対中国などに負けるはずがないし、こんな国に負けるわけにいかないんです!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国政府、銃弾要請は公表し... | トップ | K国からの、遅れたクリスマ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勝手にせい! (hachiman01)
2013-12-26 19:42:54
安倍さんがとうとう靖国へ。
アホなシナ・チョーセン人に見切りをつけたんでしょう。
ドアは開いているなんて大嘘だったんだね~。
魔よけのお札貼っちゃったものww
>勝手にせい! (gannriki)
2013-12-26 20:33:56
To hachiman01さん

見切りにはちょうどよいタイミング

靖国のお札は霊験あらたか(わらい
英霊に誓う (憂国のZ旗)
2013-12-27 09:15:05

gannriki さん こんにちは

hachiman01 さんの言葉が、正解かと感じます。
靖国神社の護符は、霊験あらたかであります。


安倍晋三劇場の外交演出は、怒ったり、喜んだり、
世界の指導者としての安倍晋三氏に感動します。

日本人には、来年が愉しみな毎日に変化しました。
祝杯も、美味しいです。

>英霊に誓う (gannriki)
2013-12-27 13:24:25
To 憂国のZ旗さん

最低限、普通の国へ1歩踏み出したかと(わらい

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。