poohanaにゃんわん+kohワン3姉妹弟日記

南半球の片田舎に住むMIX猫とゴールデンレトリバーの日記

父ちゃんのお教室で上下関係と群れの操り方を学ぶ。

2017-05-06 05:50:35 | 日記
父ちゃんのお教室にお出かけ。父ちゃんのトレーナーさんにはヘレン師匠からHanaの二の舞にKOHをさせないで!と言われた事と
その真意にについては説明済み。
父ちゃんのトレーナーさんは、大丈夫です、勿体ないです、頑張りましょう!ってメールを下さっていた。

教室に着いただけでテンション高いKOH、僕ちんはエース候補ですワン!Hanaの二の舞は嫌ですワン。



父ちゃんのお教室スタート。トレーナーさんは父ちゃんに「Hanaと父ちゃんは、リーダーを競って居る状態ですね。上に立たないと完全に自分が上位である事をもう一度しっかりと伝える必要があります。」と。
「Hanaが父ちゃんのコマンドに従えるという事は、間違いなく父ちゃんが上位であるらしいって事は判って居ます。」と。

自分が完全に上位だと思っているワンコさんは飼い主さんのコマンドを一個も聞かなくなるそうだ。

部分的に聞いているって事は、捨てたもんじゃないってことだそう。

父ちゃんのトレーナーさんはね、父ちゃんがHanaをチョーカーチェーンですっ飛ばすなんてできない事は百も承知である。
だからこその父ちゃんのトレーナーさんだからね。

父ちゃんのトレーナーさんは大師匠と同じことをおっしゃった、リコールは一度しかチャンスがない事を叩き込みましょうって。
叩き込むって言っても叩くわけではない…。
父ちゃんのトレーナーさんは大声を出せと父ちゃんに言わない人だし…。どうするのか??と聞いていると。

一回のCOMEで戻って来なかったら、Hanaを置いて去ってください、後ろを振り向かずに、お前はもう群れには要らない!!!って強い意志で
群れから切り離してくださいって。

エッ???の母ちゃん????

ワンコは群れで過ごす生き物だから、猫と違って、群れから切り離されることが最も怖いと、その恐怖とパニック感をHanaに味わってもらいましょうと。
フルフェンスの安全な場所限定でだけれどね。
リコールに応えなかった事の怒りは、大声を出してではなく、見捨てると言う形で見せてくださいと…。

母ちゃんはある意味、大声で怒るよりも、首根っこを押さえるよりもすげえ怖いって思った。

はい実践スタート。

先週、父ちゃんの仕事が忙しくて泣く泣くお休みしたクラス、Hanaは2週間ぶりの興奮状態。
テニスコートを走り回り、臭いを嗅ぎ、自由を満喫中。

KOHは繋留して、母ちゃんとタッチ遊びしていた。

父ちゃんがCOMEをかけると、案の定無視するHana。

父ちゃんのトレーナーさんは、二度と振り返らないで、黙って此処から出ます、KOHと母ちゃんは置いて行って構わないですって。

母ちゃんは、Hanaを見ないようにして、KOHとタッチやコマンドのお稽古で遊んでいた。

向こうの端に居たHanaが、凄い勢いで出口に走って行くのを感じた。父ちゃんだけではなく大好きな父ちゃんのトレーナーさんも去ってしまい見えなくなった、
Hanaの目には母ちゃんとKOHなんて入らなかった。

後ろ姿を見てもおろおろしているのが判った。Hanaおろおろしていた。

と無言でテニスコートに戻る父ちゃんとトレーナーさん、Hanaは物凄い勢いで父ちゃんに戻り、其処で怒涛の褒め。
これね、確か2年ほど前に父ちゃんが父ちゃんのトレーナーさんとの練習を始めた頃に一度やった…あの大脱走兵のHanaに父ちゃんを追いかけさせるために。

もうこれから、ランに行って、リコール一発で戻って来なかったら、車でKOHと母ちゃんも皆、走り去ってください!って。

群れから離れたらどうなるのか???それでもHanaは父ちゃんの上に立ちたいのか?自分で考えさせてください!って。

群れから切り落とされることの恐怖はKOHも加わった今は、今まで以上だからと。群れから離れることの恐怖を味わったら、群れを常に自分が意識する犬になれるって。
Hanaは、常に自分を待ってくれて、追ってくれて、意識してもらえる立場に居たから、勘違いしているって。
Hanaが中心ではない事を、そんな自己中な奴は群れから要らないってしっかりと判らせましょうと。

Hanaの勘違いはコマンド一発で聞かなくても許されるって事、コマンドの2発目は無い、一度聞き逃したら、群れから首だ!と教え込むことで
上位が間違いなくとれると。

本当にね…何度も書くけれど、これって怒鳴られるよりはるかに怖い…。って母ちゃんは思うのだけれど…。。

叱れない男の父ちゃんにはこの方法が合って居るかも…ってね、Hanaがあんなに焦るなんて思わなかった。

母ちゃんとKOHが居るのにだよ、同じテニスコートに…。

Hanaは父ちゃんと父ちゃんのトレーナーさんの群れを選ぶんだなって思った。だとしたら、Hanaのハンドラーは世界中に父ちゃんしか居ないって実感したし。

その後のHanaは、父ちゃんと父ちゃんのトレーナーさんから、距離を取らないでオフリードでもぴったりとくっついていた、
父ちゃんとトレーナーさんが、今後の話をしている間ずーっとHanaは父ちゃんのヒールポジションで伏せて待っていたし。

父ちゃんとHanaの宿題は、リコールは一発、一発で聞かなかったら、群れから切り離す。車で去る、お灸をすえる。がまず1つ。

マテコマンドもね、緩くかけた…結果、Hanaは鳥に釣られてブロークした。無言で元の位置に戻し、さっきより強い声を出して、目を見据えてマテ!
ブロークしなかったら褒める、前よりももっともっと大袈裟にしっかりと褒める事、嬉しさを父ちゃんがもっと表現する事。
叱る必要はない、Hanaに考えさせることを教えてきたのだから、考えさせればいいと。
一番大切なことは元の位置に戻す事。何度やったとしても、元の位置に戻す事、
で出来た時は、嬉しい気持ちを乗せて褒める事、褒めることがもっともっと上手にならないと、上には行けませんよって。

上に行けるハンドラーは、褒めるのが上手いって、出来て当たり前だって思うハンドラーの犬は、心底嬉しそうには仕事をしてくれないし、伸び悩むって。
犬が伸びて頑張ってくれたら、犬が想像する以上に大きな褒めを与えてあげ続ける事がハンドラーの務めだと。

嬉しさを一杯前面に出して褒める事、父ちゃんにとっては少し難しいかもしれないけれど、
Hanaをチョーカーチェーンで飛ばすとか、叱るに比べたら簡単だよね?

父ちゃんのトレーナーさんは父ちゃんのトレーナーさんだなって当たり前のことを母ちゃんは思った。

大師匠もね、父ちゃんの事を判ってくださってアドバイスくださるし。

ありがたいねとっても。

コマンドを破ったら、必ず同じ場所に無言で戻してやり直す、で出来たら嬉しさを爆発させながら褒めることが、もう1つ。

今更なのかもしれないけれど、これは基本の基本、上下関係が崩れたら、基本からやり直すのが基本だとトレーナーさん。

KOHも加わって、Hanaも4歳、大人になって、もう一度、自分が上に立てるのか?って父ちゃんに挑戦しているらしい。
女の子は、こういうのは少ないそうだけれど…。
Hanaは男っぽいのかな???

続いてKOH



Hanaの時は、KOHの要求吠えを防ぐために、KOHと母ちゃんは少しお稽古しているので、写真が撮れないんだけれど、
KOHの時は、Hanaお行儀よく母ちゃんの横で待っているから写真が撮れて、じっくりとみられる



KOHはね、ヒールポジションを一切外すことなく、前に出過ぎる事もなく、素晴らしいポジションで歩き続けた。

トレーナーさん「KOH君は言うことなしです!毎回言っていますが素晴らしいです!この月齢で男の子でこの歩き、性格ですね、
素晴らしい子をブリーダーさんが譲ってくれましたね。」と。

KOHはね、家ではやんちゃ坊主だし、外ではややヘタレだけれど、お稽古では素晴らしい。
Hanaがこの月齢の時とは全然違うね。

トレーナーさんが「Hanaの存在が大きいですね。HanaがKOHを抑えてくれるし、良いお手本になってくれるから、KOHは伸びやすいです。群れの素晴らしさです。」って。

群れの素晴らしさ…そうだなって思う。Hanaは私達の上位に立ちたいと思ったら、私達に挑むだけで良かったけれど
KOHは、Hanaを倒して、その後、私達に挑まないと行けないから、Hanaが立ちはだかってくれるから、少し楽をさせて貰えているらしい。

KOHの上位で頑張るHana



父ちゃんのトレーナーさん6月~8月までお教室をお休みだとの事、あと1ヶ月でHanaとの関係性をしっかりと直さないとね。

大師匠からのアドバイス後に工夫していたランでの方法、これに群れから切り離すをくっつけていけば、上位に向えるはず、
父ちゃん、頑張ってくれてうれしいって嬉しさを爆発させた喜びと褒め、叱るよりは簡単でしょ?頑張ってね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭いランでHanaとKOHを使って... | トップ | 父ちゃん今変革の時?って政... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あいれん)
2017-05-06 08:40:17
ひなもリコールが解っていても自分を優先する頃、あのドッグランでしました。
勿論、人がいないときを見計らってです。
可哀想って思われるし、虐待っぽいし、でも痛みは与えていないんです。
私は離れる前に「知らない」って言い放ちました。静かな低い声で。
その後、この言葉はめったに使わないんですけど、魔法の言葉に変わりました。

なぎで出来るかって考えたら、出来ないかも。ここが、私の弱さです。

今はなぎと自動車の中のトイレで、オシッコをするって練習してます。
前もしていたんですけど、お散歩優先にしてしまって、教えきれなかったんです。
朝一のオシッコが一番膀胱にたまっているので、根競べです。
昨日は四時間粘ってしてくれたので、怒涛の褒め。
今日は五分でも縮まるといいな。
目指すは、ひなのように、オシッコシートがあれば、そこがトイレ。
どこでもトイレです。
なぎも今は???で辛いですが、私も忍耐。
いつ大きな地震があるか解らないので、一番備えにくいことを、頑張ります。
ありがとう (たにむらこうせつ)
2017-05-06 09:34:52
読者登録ありがとうございます<(_ _)>
まだまだ未熟な詩や短歌ですが、
これからもよろしくお願いします!
時々コメント入れますね(^-^)
あいれんさんへ (ガニママ)
2017-05-06 14:13:32
コメントありがとうございます。

あいれんさんもひなちゃんとされたんですね。父ちゃんのトレーナーさんはこの方法がお互いストレスが無く真っ直ぐ伝える方法だと教えてくださりました。
私がHanaだったら…と思うと、父ちゃんに一喝された方が、いきなり群れを首よりは…と思うのですが、トレーナーさんは父ちゃんの事をよく判っているなって思います。

Hanaに対してよりも、KOHに対しての方が、父ちゃん結構強くできたりしています、男同士だからかな?って思いますが…。私は、KOHの躾担当で声をからしていますが、怒っている最中にKOHの顔が面白くて笑い出しそうになってしまいます。
KOHはマイペースで、気にしない性格です。

なぎちゃん、ひなちゃんと同じおトイレの躾け頑張って居ますね。
ひなちゃんの真似をしたいのがなぎちゃんだと思うので、ひなちゃんの素晴らしいところをなぎちゃんしっかりと学んでいると思います。

いざという時の為への備え。我が家のリコールもリーダーにならなくちゃも同じです。ランやビーチ、自由を楽しませるにはこの2つは外せませんし。
お互い頑張りましょう。
たにむらこうせつさんへ (ガニママ)
2017-05-06 14:18:06
私のブログは夫とワンコの記録を書いているだけなので、退屈な内容です。
たにむらさんの詩や短歌は日本語の美しさを感じられるので、日本語に触れたい私には楽しいブログです、また訪問させていただきますね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事