gangee

九州の山野草

月2日の勤務で報酬1,000万円

2017年02月09日 | 貧困問題

文科省の人事課OBの嶋貫(しまぬき)和男氏(67)が、

天下り先での厚遇ぶりを認め、波紋を呼んでいる。(サイトより)

サイトによると、月2日の勤務で、なんと報酬が1,000万円です。

真実は1,200万円、月2日の勤務で月給100万円です。

なんじゃ~こら~ です。

 

現役時代は、好き勝手放に出鱈目に税金を使い、

民間会社に天下りすれば、月2日勤務で年収1,200万円です。

これが、小泉・竹中が唱えた「人生いろいろ政策」です。

小泉・竹中の「人生いろいろ、自己責任、公約などたいしたことじゃない」政策です。

 

多くの国民が「人生いろいろ、自己責任」を支持しました。

その結果、自己責任の社会になりました。

貧困も自己責任になったのです。多くの国民が貧困は自己責任と思っています。

政治の責任なのに、自己責任と思っているのです。

 

富裕層優遇政策など気がつきもしません。

努力すれば富裕層になれると思っているのです。

なれません。世襲政策です。富裕層の世襲政策です。

 

小泉・竹中改革は、

富裕層の世襲化、貧困層の世襲化、高級官僚の世襲化、政治家の世襲化に税金を使う改革です。

すべて世襲の世の中にするために、税金を使うのです。

 

小泉・竹中が行った改革は、士農工商時代の身分世襲時代を作るためです。

そうさせない為には、即ち富裕層の世襲を作らない為には、

小泉・竹中が引き下げた贈与税、相続税、所得税の最高税率を元の75%に戻すべきです。

小泉・竹中が富裕層のために、最高税率を50%に下げたのです。

 

税金の最大の機能である富の再分配機能を取り戻すべきです。

小泉・竹中平蔵の「富も貧困も世襲させる政策」(富裕層優遇税制)を元に戻すべきです。

 

税金を使い、「富裕層の世襲政策」を行っていることに気づくべきです。

富も世襲、貧困も世襲する世の中が出来上がりますよ。

税の再分配機能を取り戻すべきです。

富裕層優遇税制をやめ、富裕層税を設けるべきです。

 

 

世襲化された政治屋さん、世襲化された富裕層、だれ一人として、富裕層特別税など言いません。

私の周りにも、「gangeeは、何言ってるのか分からん」 と言う人ばかりです。

私から言わせれば、「自分は富裕層と勘違いしてる人」ですが。

 

1億総中流の意識から抜け出せない人です。

時代は変わっているのです。

富裕層の世襲化時代に突入しています。小泉・竹中改革から。

富裕層税を作るべきです。富裕層の世襲化を止めるべきです。

 

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・コンサルタント | トップ | 沈黙~遠藤周作さん講演~№5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む