がんぼのぶらり紀行

北海道オホーツク遠軽で、昭和時代のお茶の間みたいな「福よし食堂」やってる おばちゃんです。

イプーのバッテリーが

2017年03月13日 01時02分45秒 | 車とガソリンと燃料と

自分の車、イプー(トヨタ イプサム)が、年明けから頻繁に「エンジンスターターが回らない・・」を繰り返し、その都度、電動リールとスターターにお助け求めてきた。

暖かくなってきたので、そんな不安から少しばかり遠のいていたのだが、
今日も朝から、キーを回すと、何とも頼りない音。

何とかエンジンがかかり、必要な場所の往復など移動はできていた。

深夜、午後11時半、忙しかったパート先の仕事が終わり、帰宅時。

雲一つない満月の夜空。

3月半ばには珍しく、気温は―9℃。相当冷え込んでいる。

ますます気温は下がる見込み。 

------ 

駐車場へ向かうと、車体が霜をまとっていた。

お願いだから エンジンかかってくれ~と思っていたが、
キーを回すと、「・・・ウィン・・・・・・・」 案の定、エンジンかからんし。(^^;

2度3度とキーを回したところで無駄なあがきと解っている。

スパッと諦め 一足先に帰宅していた娘に、お助けコール。

スマンね、娘。

【救世主】の娘を待つ間、エンジンかからず、暖房のない車内で震えるσ(^^)と息子。

数年前のオホーツクの大雪の時、車内に閉じ込められ救出を求める人たちは こんな極寒を耐えていたのだろうという話をしながら。

10数分後、娘が自分の車を運転し、パート先駐車場まで来てくれた。

おおお!!まさに救世主!! w

-----

電動リールとスターターは持っていたが、あくまで「電気を使える場所」に限定される。

だが、電気を取得できない場所では、「もう一台の車」が必要となる。

そんな時がいずれ来るだろうと不安だったので、2か月前に 3Mのブースターケーブルを新たに購入し積んでいた。

-----

娘の車のバッテリーとイプーのバッテリー。
ブースターケーブルを繋ぎ、しばし待つ。

パート先の同僚のお兄ちゃんが心配して声をかけてくれたが、 現場を見て 「大丈夫そうだね」と帰っていった。

 

購入していたケーブルを接続し、エンジンをかけてもらい、数分後 無事にいぷーのエンジンがかかる。

帰宅してからしばらくエンジンをかけて充電しようと思ったが、ここまでヘタッタらガソリンが無駄になりそうなのでやめた。

ディーラーへ連絡し、バッテリーを新品に取り換えてもらうつもり。

あぁ、3万~5万円の出費~ 泣 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人生で最も重大な決断を・・」 | トップ | 食品衛生責任者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

車とガソリンと燃料と」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。