魂がよろこぶ うれしのスペース杜 ~開運お目覚めセッション&神社鑑定やってます~

(((o(*゜▽゜*)o)))ワクワク楽しみ隊の隊長、二埜り音が楽しくてワクワクするセッションを西宮でやってま~す♪

2017年~2030年までの春分の日&秋分の日を掲載

2017-03-20 12:00:00 | 春分の日&秋分の日

今日は春分の日です。

【十五 鳥之石楠船神/とりのいわくすふねのかみ】あなたがたは皆旅人です。旅はいつも見知らぬ世界を見せてくれ、新しい出会いをもたらします。私は空を自由に翔ける船。あなたを新しい世界、思いもかけない場所へと運びましょう。新しい世界を知りたいなら、私を呼びなさい。テーマ:ユニークさ 時空を超える 発想の転換神社:隅田川神社(東京都)、神崎神社(千葉県)、樽前山神社(たるまえざんじんじゃ/北海道)などに祀られています。https://www.facebook.com/nihonnokamisa...日本の神様カードで春分の日のイメージを引いていみました。

鳥之石楠船神/とりのいわくすふねのかみ』

ふんふん♪ 何だか面白いですね。

これから1年を航海していく様子がみえます。

今年の風はどうなのでしょう?

強風でしょうか?それとも凪いでいる?

いづれにしても楽しみな1年となるでしょう!


【一 天之御中主神/あめのみなかぬしのかみ】わたしは在りてあるもの、無くてないものです。そんな小さな場所にいて、息苦しくないのですか。そこから飛び出しなさい。恐れは不要です。私のなかには、上と下、こことあちら、これとそれはないのだから。現れるものも、去り行くものも、みなわたしのなかを廻っているだけなのだから。テーマ:恐れを手放す 循環 根源神社:秩父神社(埼玉県)、水天宮(福岡県)、水天宮(東京都)、千葉神社(千葉県)などに祀られています。https://www.facebook.com/...

 

さて、引き続き秋分の日のイメージを引いてみました。

 

『天之御中主神/あめのみなかぬしのかみ』

おっ~( ゚Д゚)これはまた素晴らしいカードですね。

地球の始まりを感じさせる力強い神様が出て来てくれました。

わたし達は、宇宙に生かされていますよとメッセージを頂いたような

そんな気持ちにさせてくれます。

何か地球で新しい事が始まるような…そんな予感がします。

 

********************************************************

どうでもいいかもしれませんが、2017年以降の春分の日&秋分の日です。

微妙に日程が違いますのでほぼ自分の確認用です。(^_^;)

  

以下は国立天文台のホームページより転載しました。

http://www.nao.ac.jp/

祝日としての春分の日・秋分の日は、前年の2月1日に、春分の日・秋分の日の日付が書かれた「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されることによって、正式決定となります。例えば、2001年2月1日の官報には、2002年の春分の日・秋分の日が書かれた暦要項が掲載されています。逆に、それより前には、春分の日・秋分の日は「まだ正式には決まっていない」ということになります。(ただし、行政機関の休日には官報が発行されませんので、2月1日が該当する場合には翌日以降の掲載となります。)

 

しかし、カレンダーを作っていらっしゃる方や、何年か分の行事予定を立てられている方などの中には、来年、あるいはさらに先の年の春分の日・秋分の日を知りたいと思っている方はたくさんいらっしゃるようです。実際、「正式決定でなくてもよいので、もっと先の春分の日・秋分の日を教えてほしい」というご要望をいただくことがよくあります。

 

日本の祝日を定めている「国民の祝日に関する法律」によれば、春分の日は「春分日」、秋分の日は「秋分日」を採用するとされています。「春分日」「秋分日」というのは天文学上の呼び名で、次のように定義されています。

 

太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といいます。また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶのです。

 

地球の運行状態などが現在と変わらないと仮定すると、将来の春分日・秋分日を計算で予想することができます。計算結果を下に載せておきます。ただし、地球の運行状態は常に変化しているために、将来観測した結果が必ずしもこの計算結果のとおりになるとは限りませんので、あくまで参考としてご覧になってください。

春分の日はなぜ年によって違うの?

という疑問は当然湧いてくるはずですので

その答えが下記の国立天文台のホームページに説明しています。

http://www.nao.ac.jp/faq/a0302.html

 

 励みになりますので

ブログランキングをポチッとして頂ければ嬉しいです!!  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神社鑑定受け賜わります(受... | トップ | 映画『プレデター』と『エイ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。