徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

映画 「 追憶 」

2017年05月10日 20時35分11秒 | 映画・社会

岡田准一主演の映画「追憶」を見てきました。

1992年 冬の能登半島・・・
13歳の四方篤は親に捨てられたのと同じような境遇の田所啓太、川端悟とともに軽喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)、山形光男(吉岡秀隆)を慕い、家族のような日々を送っていた。

  

しかし、ある事件をきっかけに幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになりました。

物語は、25年後に・・・
刑事となった四方篤(岡田准一)は、あの日二度と会わないと誓ったのですが・・・
遺体となった姿であの旧友川端悟(柄本裕)と出会うということになり、その上、その容疑者に浮かび上がったのがあの時の仲間だった田所啓太(小栗旬)という皮肉なめぐりあわせとなりました。

  
   家族のように過ごした日々・・・         吹雪の中、あの忌まわしい事件は・・・

 

幼少期をともに過ごした少年たち3人が一つの事件をきっかけに、刑事、被害者、容疑者というかたちで25年ぶりに再会します。
もちろん、25年の間には、それぞれ家族を持っており、あの煩わしい過去と向き合わなくてはならないことになります。

         

映画は、能登、富山の美しい海岸線を舞台に、人間模様を描いてゆきます。
それが過去の事件とどのようにかかわっているのか・・・

25年前、あの家族のように過ごし、恩義のある仁科涼子と山形光男を見つめる四方の胸の内はどのような気持ちだったのでしょうか・・・・
事件の真実は・・・啓太がさとしを殺したのでしょうか・・・

ただ、犯人が分かった時、えっ・・と一瞬思ったのですが、考えてみるとなるほどと納得出来たのは、一つの安ど感があったのは、なぜなのでしょうか・・・

最後、思わずウルウルと来たのは僕だけだったのではないと思うのですが・・・



 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラ、カープを3タテ、5連勝... | トップ | トラ、日曜日の6連勝で貯金1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
追憶  監督/降旗 康男 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含......
追憶(2017)〜予め外されていた梯子 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。降旗康男監督。木村大作撮影。岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、......
追憶 ★★★・8 (パピとママ映画のblog)
「夜叉」「鉄道員(ぽっぽや)」など数々の名作を手がけた降旗康男監督と木村大作カメラマンのコンビが9年ぶりにタッグを組み、「永遠の0」「海賊とよばれた男」の岡田准一を主......
追憶 (映画的・絵画的・音楽的)
 『追憶』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)岡田准一と小栗旬の競演が見られるというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪が激しく舞い落ち、港には漁船......
17-145「追憶」(日本) (CINECHANが観た映画について)
会いたくても、会えなかった人たち  ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会って......
「追憶」 (ここなつ映画レビュー)
オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解......
『追憶』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日......