徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

仁和寺 - 旧御室御所 - ②

2017年04月19日 10時54分48秒 | 旅行・観光

仁和寺の歴史は、仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって「西山御願寺」と称する一寺の建立を発眼されたことから始まります。
しかし、翌年光孝天皇が崩御され第59代宇多天皇が意志を継ぎ仁和4年(888年)に完成し、寺号も年号から仁和寺となりました。

     

宇多天皇は譲位後出家し、仁和寺第1世宇多法王となり、皇室出身者が仁和寺の代々門跡を務め、門跡寺院として格式ある寺院となりました。

 明治20年(1887年)に御殿が焼失しましたが、大正時代に再建しました。
平成6年(1994年)にはユネスコの世界遺産に登録されました。

  

  

旧御室御所は、宸殿、白書院、霊明殿など7棟と北庭・南庭・茶室からなっています。
北庭は地泉式庭園で、2棟ある茶室はどちらも重文です。

 

  

 

 

  

 
 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仁和寺 - 御室のサクラ ... | トップ | 観光列車あれこれ ⑦ 四国地... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (NAO)
2017-04-22 15:43:18
こんにちは。
NAOと言います。
お庭の風情が天気の良さと相まってすごくいい写真ですね。
行ってみたくなりました。
コメントありがとう (管理人)
2017-04-23 08:33:38
コメントありがとうございます。
桜だけではなく、風景も雨かすみもまた風情があり、乙なものですが、青空の下では尚更景色が映えるのでしょう。
天気の良い時に行ってみてはいかがでしょうか・・・ただし、この御所は常時観覧できるものではないようです。 HPなどで確認してください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL