徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

映画 「 紙の月 」

2014年12月07日 11時10分02秒 | 映画・社会

1994年。契約社員として銀行で働く平凡な主婦が、年下の大学生との出会いを機に、金銭マヒをさせてゆき、やがて巨額の横領事件を引き起こすさまを描いています。

(田辺誠一)と二人暮らしをしている主婦・梅沢梨花(宮沢りえ)は、子供もなく、契約社員として勤務する「わかば銀行」でも丁寧な仕事ぶりで上司(近藤芳正)からも好評価を受け、ベテランの隅より子(小林聡美や後輩の窓口の相川恵子(大島優子)ら共に働いており、何不自由ない生活を送っていたのですが・・・・・

   

 

平凡で、誠実、そして何不自由ない生活をしているところに落とし穴があるのです。
そして、その落とし穴に落としめた最初の動機は、無関心の夫に寂しさの心の隙間を埋めるために年下の不倫相手に走ってゆくことですが、それを助長しているのが、周りの人たちだったのです。

どの職場にもいる、いわゆる”お局さん”といわれるプライドの高く、それまで耐えて働き続けてきたベテラン事務員がその一人だったのです。
この映画では、小林聡子演じる隅より子です。

  お局さん的存在の隅より子

自由を憧れながら、なかなかそれに踏み切られなく、それでなお、人の心を読み取ることに仕事の生きがいの一つとしているのではないでしょうか?

もう一人は、窓口事務員で上司と不倫をしていながら、ちゃっかりと結婚相手を探している小悪魔的な大島優子演じる相川恵子です。
彼女とロッカーでの話は、梨花をドッキリさせられますが、無意識に彼女を誘導している存在なのです。

  小悪魔的存在の相川恵子


映画は、途中少々くどいところがありますが、淡々と女の欲望を爆発してゆく様を描いています。
最後に、果たして、彼女は、何を得ることが出来たのでしょうか・・・・・

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 ブルーリボン賞 」 と 「 ... | トップ | 今年の水彩画から・・・-そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
紙の月 (花ごよみ)
角田光代の小説を映画化。 監督は、吉田大八。 主演は宮沢りえ、主人公梅澤梨花を演じます。 銀行の契約社員として勤務する 主婦が起こした大金横領事件。 原作とはまた違った作品でした。 映画の方の旦那(田辺誠一)は ただのんきな人間のようで 夫婦のひんやりと....
『紙の月』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「紙の月」 □監督 吉田大八□脚本 早船歌江子□原作 角田光代□キャスト 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正■鑑賞日 11月15日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想...
紙の月 ★★★ (パピとママ映画のblog)
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めて...
第27回東京国際映画祭「紙の月」 (ここなつ映画レビュー)
コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、招待作品のようなお祭り騒ぎな気分ではない。何といって...
紙の月 (銀幕大帝α)
2014年 日本 126分 ドラマ/犯罪/ミステリー PG12 劇場公開(2014/11/15) 監督: 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 原作: 角田光代『紙の月』 出演: 宮沢りえ:梅澤梨花 池松壮亮:平林光太 大島優子:相川恵子 小林聡美:隅より子 田辺誠一:梅澤正文 ...
紙の月 (のほほん便り)
祝・宮沢りえ。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞、受賞! 原作は、角田光代の同名小説 NHK「ドラマ10」で、原田知世が主演したバージョンも好きでしたが、映画ならではの風情とエロチックさが表現できて、これもまた味でした。 音楽というか、BGMも...