はちの家造りドタバタ奮闘記(・ω・)

私のちょっとした日常や住宅にかかわるニュースなどをつらつらと…

電圧フリッカ

2017-05-06 09:22:59 | 日記
みなさんこんにちは。

初夏のような暑さですね。

床につくときに厚くてタオル一枚で寝るのですが朝凍えて目が覚めます。

長野県は日本で一番一日の寒暖の差が大きいそうです。

体調を崩さぬようご注意を。

さて、家庭の照明が急に明るくなったり暗くなったりする「電圧フリッカ」という現象が九州で増えています。

太陽光発電が多く、電気の使用量が少ない晴天の昼間に起こるとみられています。

九州電力によると停電や感電の危険はありませんが、対策を急いでいるとのことです。

これまでは医療機器の周辺など狭い範囲で発生していましたが、太陽光発電設備の普及により、広い範囲で見られるようになりました。

太陽光パネルと送電線の間には、故障の検知などのための装置があり、「信号」を送電線内に送っています。

予想を超えて太陽光発電が普及したため、この信号が電圧を変化させる原因になっていました。

九電は3月ごろから装置の設定を変え、信号を弱めるよう事業者に依頼するなどしています。

太陽光設備によるものとみられる電圧フリッカは全国でも散発的に起きていますが、九州のような広域での発生は珍しいです。

九州は日照時間が長く雪も少ないことから、太陽光発電設備の普及が大幅に進みました。

昨年5月のピーク時には電力需要の約7割を再生可能エネルギーがまかなっています。

その分電圧フリッカ発生の可能性も高まった形です。

大きな問題にはなっていませんが色々新たな問題が出てきますね…

頑張れ、再生可能エネルギー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月のフラット35 | トップ | 負動産 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事